ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

嫌な仕事は断わるもんだ
ひさしぶりに会ったら開口一番、神戸は寒いねという。
北海道のほうがもっと寒いだろうにというと。
今日は那覇からやってきたというではないか。
あいかわらず忙しい御仁なのである。

「みやこじまの仕事がはいっているから」
「都島?」
「宮古島!」
なるほど、三年契約だそうだから、しばらくは沖縄通いが続くとか。
那覇はついでといっては失礼だが、宮古だけでは効率が悪いらしい。
だからまた神戸にも立ち寄っていただきたいものだ。

N0889もずく麺

N0890粟國の塩

講演会も年に40回ほどこなすそうだ。
毎週のようにといったら、連続でやったりするからそれほどでもないんだとか。
でもね、嫌な仕事は引き受けないし、することはないという。

そうなのだ、嫌なことは仕事であろうと私事であろうとしないにこしたことはない。
でもそうはできないでしょう、などと世人はいうのだが…。
だがいつもそこで思うのだが、ほんとうにそうはできないのだろうか。
そうしたほうが楽だから、つきつめて考えることをしなくていいから。
なんてことはないのかと、自分自身に問いかけてみたくなる。
そんなことを考えさせてくれるから、Mって不思議な人だ。

いつ会ってもどこで会っても、なにを話しても尽きることを知らない。
そのようなものが世のなかに、わが人生にあるとは思いもよらなかった。
とつくづく思いつつ、彼女を駅で見送ったのである。


スポンサーサイト
天然水の不可思議
小学校の国語のテストを思いだす。
次にあげる漢字の反対語を書きなさい。

そこで、「天然」とあれば、「人工」と書くだろうな。

テレビを見ていたら、コマーシャルで天然水のビールなどという。
ほー、人工水のビールなるものもあるのか、と妙に感心した。
(なければ、わざわざ天然水のとことわる必要がない)
これはかなりのコスト高になるのではないか、と漠然と考えた。
逆に、人工水のビールのほうがインパクトあるがなあ。

水なんてものは天然自然に多く存在するものではないか。
人工的に水をつくる必要があるのだろうか。
まあ、工業的に純水というのが作られるというのは聞いたことがあるのだが。
水以外の不純物(ミネラルも不純物だ)を除いてしまうわけだ。
そうなると、電気も通さない。

だけど、ビールでわざわざ天然水というからにはなにか利点があるのだろう。
いくら考えてもわからなかった。

そうだ原価が安い!、
日本では水と安全はタダなどといわれるから。

しかし、それってコマーシャルで訴えることなのか疑問だ。

5250クモ

ご自愛ください
Kさんはそう言ってその日の船で東京へ帰っていった。
なんだか変だなあとは思っていたのだが、その後門限(?)は緩和されたらしい。

そのときの写真を同宿者からもらったので送ってあげた。
それがきっかけでときおり手紙をやりとりするようになった。

彼女は大学生でK女子大に通っているといっていた。
だがぼくは、その大学が東京のどこにあるのかも知らなかった。
なんとなく緑に囲まれたキャンパスを想像した。

わたしは案外おてんばなんですよ、という。
バスケット部のマネージャーなんです。
この身長でたまには試合にも出るんですのよ。
とまたいかにもおかしそうに笑っていたのを想いだす。

島からの帰りだっただろうか、神戸にやってきたことがある。
いまはない元町の米軍払い下げの店や、薄暗い高架下商店街を案内した。
お嬢さん育ちのKさんには刺激がきついかなとも思った。
しかし、案ずるよりは産むが易し、だった。
いかにもはじめての経験だというふうに驚き、楽しそうに笑った。

そんな彼女が亡くなったと突然知らされた。
秩父のほうの山で滑落したということだった。
そのころ大学の研究室にいて、まだ二十代の若さだった。

3314花

Kさんからの便りは和紙の便箋に流れるような行書だった。
ぼくのことをヤンチャぼうずと思っていたのだろうか。
手紙の最後にはいつも「ご自愛ください」と書かれていた。



プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー