ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
08 | 2005/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

八重山紀行その2
石垣のビジネスホテルに荷物を置いて、町へぶらりとでる。
離島桟橋(このそっけない響きが、八重山に来た感じを増す)
近くの船便会社の事務所へ行ってみることにする。
強風のため、本日、波照間・西表航路全便欠航中の看板がある。
外は、台風の名残の風がびゅうびゅうと吹きつけていた。
「明日は船、出ますかね」
「明日にならないと分からないですね」
「でも、大丈夫ですよね」
「出航の一時間前くらいにならないと、ね」
そいうことだ、なるようにしかならない。
ゆったりのんびりとの旅はもう始まっているのだから、あせらない。

20050929230601.jpg


通りで目についた「八重山そば」と看板のあがった店にはいる。
まずはオリオンの生ビールで、無言のひとり乾杯だ。
ジョッキの外側には、冷えたことを示す水滴が光る。
さて、つまみはなんにしようかと、壁のメニューを見る。
スヌイ(沖縄のもずく)とラフテーを注文する。
(ラフティーと言って、ラフテーと返されてしまった)
ビールのあとは、やっぱり泡盛だろう。
グラスの中の氷がカラカラと鳴る、水割りがうまい。
二杯飲んで、最後は八重山そばでおしまいにしましょう。
ああ、おおいなる満足感とともに、ごちそうさまでしたを言う。
やっぱり、名物はその土地で食べなくてはいけない。
ねっとりした暑さ、かすかに香る潮風、町の匂いがあって、
この地の料理は独特の味を作っているのだ、と思う。


さあ、明日は波照間島へ朝一便で行こう。
スポンサーサイト
八重山紀行その1
台風13号の後を追いかけるように関空から30分遅れで出発。
飛行機は順調に飛び、揺れることなく無事に石垣空港に着陸。

空港前からバスターミナル行きのバスに乗る。
印象に残ったのは、中年の運転士さんのこんな話でした。

ハイビスカスの謎★
「ハイビスカスは、沖縄の県花になってるさあ。
髪に飾る場所によって、意味がちがってくるんさあ。
右の耳に挿して飾ると、ミス。
左耳だと、ミセス。
両方に挿すと、現在婚約中。
真ん中にすると、恋人募集中。
でも、あんまりたくさん挿すと、
ハイビスカスじゃなく、ハイブスになってしまうさあ」


どこまでほんとうなのか。
でも、とても愉快な運転士さんでした。

20050929230442.jpg

八重山(やんま)って
旅に出るまえに、なんにんかの人に聞かれました。

「どこに旅行に行くの?」
「やえやま、なんだけど」
「やえやまって?」
「八重山諸島ですよ」
「八重山諸島って、どこにあるの?」

なんだか、すこし悲しいかな。
まだまだ知名度が低い八重山です。
(地元では、やんまで通ります)

石垣島と言うと全員が分かったのですが…。

だけど、知ってるといっても…。
沖縄本島と石垣島ってどのくらい離れてると思う?
大阪と東京ぐらいの距離があるんだよ。
と言うと、決まって「そんなに!」とびっくりします。
なんだか、複雑な思い、抱きませんか?
冷蔵庫の使い方
冷蔵庫に、なんでもかんでも入れてはいけません。
そんな話を聞きましたと昨日は書きました。

冷蔵庫はものを冷やすために使う、と思い込んでいなかったか。
北海道では、これまた違った使い方があるとのことです。
気温が零下数十度にもなると、たいていのものが凍ります。
凍ってしまっては困る食べ物も、ありますよね。
そんなとき、冷蔵庫に入れるんだそうです。
なんと、常識の反対に温度が下がらないようにするために。


ところ変われば品変わるというのでしょうか。
同じものでも場所によっては違った使われ方をするんですね。
そんな常識にとらわれていなかったでしょうか。
冷蔵庫に入れてはいけない野菜
こんな話を聞いてきました。
そんなこと考えたこともなかったです。
なんでもかんでも(食べ物だけね)いれてました。
すると、なんだかほっと安心するんですね。
でも、駄目なものもあるらしいんです。

なすび、きゅうり

これって、冷蔵庫嫌いの野菜なんだそうです。
そう言われれば以前、確か野菜室の底のほうに、
じゅるじゅるのきゅうりを発見したことがありました。
うーん、まだまだ知らないことが多すぎる。

だから、楽しいってこともあるんですけど
シャワーから湯船へ
朝夕は、随分と涼しくなってきた。
おとといからシャワーをやめて、浴槽に湯をはった。
久しぶりに湯につかると、思わず声を発してしまう。
「あー、いい湯だ」
どうして、湯につかると気持ちがいいのだろう。
湯につかりながら考えていたら、のぼせそうになった。

今夜はこんなことしか書くことがなかった。
ああ、先行きが思いやられる。
(本心は、どうってことないじゃないか、なのだが)

とりあえず、今日もなんとか空白は避けた。
(といって、あまり意味もないのだが‥)
今日借りてきた本
暑いなか図書館に行って本を返し、また新たに借りてきました。

「漱石先生ぞな、もし」半藤一利 文藝春秋
「生の科学、死の哲学」養老孟司 清流出版
「インターネット安全活用術」石田晴久 岩波新書
「レヴィ=ストロース講義」C.レヴィ=ストロース 平凡社
「真相」(上)(下)パトリシア・コーンウェル 講談社文庫
「自然と文明の想像力」山口昌男 宝島社


以上です。
2週間で読めるでしょうか。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー