ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2011/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

夏のオリオン
今日も暑いなあと思っていたら、網戸にセミがとまっていた。
鳴きもせず静かに休息しているかのようだった。
ちょっと目をはなした隙に、どこかへ飛んでいった。

6215網戸にセミ

過ぎゆくみじかい夏を惜しむかのように、というのはヒトの勝手な解釈である。
しかしながら、暑い。

こう暑いと、やはりビールが飲みたくなる。
といっても庶民では、発泡酒か第三のビールということになるのだが。

とあるディスカウントストアでみかけた。
夏はこれでしょう、ということでさっそく買って帰った。
沖縄もやはり暑いのだろうな、と想像しながら飲むのである。

6224夏のオリオン

眠れない夜には、なにか考えるのがいい。

甘いものが欲しいとなったら、それは身体がエネルギー源を求めているのだ。
糖分はすぐさまエネルギーとなることはよく知られている。

では苦くてこどもには敬遠されるビールをなぜおとなは欲しがるのだろうか。
アルコール分を望むのであれば、もっと高濃度のアルコール飲料がある。
苦味を好ましく感じるのは、なぜなのだろうか。
考えると、眠れなくなるのだろうか。
否、ほろ酔いの気分で知らぬうちに眠っているのがオチである。

スポンサーサイト
トイレ掃除の意味
休みの日など、トイレの掃除をしようかと積極的に申しでる。
お願い~、とまあ大抵はこう明るい返事がかえってくる。
ついでに風呂もやっておこうか、といえば完璧である(なにが、かは不問とする)。

シコシコと(この形容がぴったりだ)便器など磨きながら考えるのである。

若いころ勤めていた会社の常務は厳しい人だった。
それでもいろいろ有用なことを教えてくれた。
いまでもはっきりと記憶しているのは、仕事で訪問した会社はまずトイレを見よ。
トイレをみればその会社がどの程度のものか知れる、というのであった。

うわべだけではわからないことが分かるというのであった。
トイレがきれいに掃除されているところは将来性あり。
立派な建物でも、トイレが汚いようでは見込みなし、という。

それまで考えたこともなかったが、人の嫌がることはすすんでせよと肝に銘じた。

そういえば、北海道でヘルパーをやっていたときのこと。
居候希望(?)の女の子がトイレ掃除をすすんでやっていたのをかいま見て、
男連中全員(といっても四名)で決定だなあという意見の一致をみた。
まあ、美人であったしグラマーでもあったからという理由もあるかも。

4917ツマグロヒョウモン

なにはともあれ、「神は細部に宿りたもう」のである。
ゆめゆめトイレ掃除など嫌がって、出来ない奴の烙印など押されないように。
人って(女性はとくにそうかも)そんなところよく見てるから。
(だからやる、という訳じゃないけどね)

う~ん、こういうのってミステリでの性格描写につかえるかも。
トイレ掃除を几帳面にやるサイコパスなんて、だめかな。



プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー