ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ヒトは見た目Ⅱ
とくに目に現れるんだと思うな。
目、ですか。
好奇心なんかはとくに目に出るだろ。
なんとなくわかります。

興味をしめす人には、だれでも好感をいだくのさ。
それから。
目といってもとくに瞳孔だな。
というと。
興味をもつとヒトは瞳孔が開く。
そうなんですか。

これは無意識らしいが、開いた瞳孔は好感へとつながる。
へーそうなんだ。
心理学の実験でもあるよ。
どんな実験ですか。

女性の顔写真を二枚用意する。
同一人物だが、片方は瞳孔を開いたように加工してある。
どちらのほうに好印象をいだくと思う。
瞳孔が開いた女性?
そうなんだよね。
そうなんですか。

これは古くから事実としては知られていて、瞳孔を開く薬もある。
なんていうんです。
イタリア語で美しい女性をさす「ベラドンナ」という植物だ。
やはりイタリア人はそういうことに詳しいんだ。
それは知らないけど、毒性があって抽出液は目薬になる。
それを注すわけだ。
神経を麻痺させて瞳孔が開く、目は口ほどにものを言いだ。

N9413道具


スポンサーサイト
ヒトは見た目
確かにヒトは見た目だと思うよ。
そんなことないでしょ。
いやいや、口では人柄、性格なんていうけどそれも見た目で判断できるから。
そうなんですか。

それに自分のことをまずどう判断してるかってことがあるよね。
ある程度はそうですね。
自己採点すればいいんだよ。
自信がないですね、ムッシュはどうです。
おれなんか十点満点で、そうだな六点ぐらいかな。
えっマジで。

そうだよ、でもね。
でも、なんですか。
見た目というのと、写真で見るというのとはちがう。
ちがいはなんですか。
動きだろうね。
表情ということですか。
そうだよ、見た目というのには表情がおおきな比重を占めていると思うよ。
なるほどね。

N9373花とアリ

魅力的な表情ってなんだと思う。
笑顔ですかね。
そうなんだよね。
どうなんです。

笑顔は訓練でも作りだせるけど、本物とはちがう。
ふむふむ。
笑顔が現われるための素地というのかな、
それが性格なり人柄じゃないかとわたしはにらんでいるんだけど。
見た目は窓なんですか。


公園のベンチで読書
そのころの記憶はおおむね苦い味といってもいい。比喩ではなくて、思い出すとかならず口のなかに
苦さをともなった唾液が分泌される。時間の経過も支離滅裂である。どこかで飲んでいたことはわか
るのだが、その後どうなったのかさっぱり記憶にない。酔っぱらっていたからだろうか。それもある
のだろうが、それだけではない気がしてならない。思いだしたくないものは思いだしたくはないがゆ
えに思いださなくてはならない、と強迫的に考える。だれかと飲んでいたのか。ひとりではない気が
する。ひとりなら思いだせないはずがない。そのだれかが問題なのだろう。あるいはだれかの影とい
う可能性がないでもない。考えに考えている自分をいつか俯瞰していることに気づく。これはどうい
うことだろうかとしばし黙考する。光を感じ振りかえったがなにも見えなかった。長い間息を止めて
いたようだ。いつしか公園のベンチにすわって深呼吸していた。横には伏せたままの文庫本があった。

N9443ストロベリームーン

「アガーフィアの森」 ワシーリー・ベスコフ 河野万里子訳 新潮社 ★★★★
これはシベリアの針葉樹林帯(タイガ)の山中深くで四十年以上にもわたって完全に世間とは隔絶し
て暮らす人たちのことを書いた本である。もちろん自給自足で電気もガスもない生活だ。火は火打ち
石で、明かりといえば松明である。だが未開民族というのではない。あえて人里離れた地に暮らして
いるのだ。ルイコフ一家五人は、自分たちは「真のキリスト教徒」であることを選びそのために森に
身をひそめて暮らしている家族なのだとはっきりと述べた。彼らははるか昔にピョートル大帝の宗教
改革に反旗をひるがえし、それからおよそ三百年、自分たちの信仰を守るためにひたすら逃げ、隠れ
続けながら生きた家族の末裔なのだった。信仰の力というのは底知れないと感じさせられる。宗教的
な対立が戦争へとつながったという歴史は枚挙にいとまがない。そこまでのなんともふつうでは考え
られない力を人々に与える。本書に登場する方たちのなかにもそれらの力を感じることができる。し
かし想像もしてみてほしい。自分であったなら、このようなことができただろうか。わが身に引き寄
せて考えるとき、そのすごさが実感できるのだ。彼らが発見されたときの年齢は、ルポ・オシポヴィ
チ・ルイコフ老人八十歳、長男サヴィン五十六歳、ナターリア四十六歳、ドミートリー四十歳、末っ
子のアガーフィアは三十七歳になるという。一九七八年のことである。
『ルイコフ家の人間は、誰一人、自分たちのことを「逃亡者」と言いはしない。当事者たちは使わな
いことばなのかもしれないし、年月とともにすでに消えたことばなのかもしれない。だが彼らの一家
の歴史こそ、逃亡の歴史そのものではないか。世俗の生活を拒否し、あらゆる権力を拒み、法律も書
類も栄養も否定した。新しい時代の、この「俗世」のならわしすべてを、拒絶した。』
このことばが忘れられない。だれかがなにかを手伝おうと申し出ても、こう答えるのだ。
『「それは、わたしたちには禁じられていることです……」』
それでも素朴な人たちでもある。かわいらしささえ感じるアガーフィアなのだ。古い小屋と新たな小
屋との引っ越しに際しては、こんな忍耐強い働きもみせるのだ。
『小屋と小屋との往復が始まる。深い森の中、片道十キロの道のりだ。行きに十キロ、帰りにまた十
キロ。じゃがいもか雑穀の粉でいっぱいのバケツを、両手にひとつずつ下げてである。中身は、乾燥
させた食糧や食器類や衣類であることもあった。徒歩で、四時間。「最初は何もなしで歩いていたけ
ど、雪が深くなってからは、スキーをはいたわ」』
なにに祈ればいいのかはさだかではないが、祈りたいと思う。元気であってほしいとだれもが思った
ことだろう。だから国中からいろんな支援が寄せられ続けているのだ。

「本屋さんで待ちあわせ」 三浦しをん 大和書房 ★★★
はじめに本書は一応「書評集」である、と筆者が述べている。ただ彼女はこうも書いている。
『私は本を紹介する際に、ひとつの方針を立てている。「ピンとこなかったものについては、最初か
ら黙して語らない(つまり、取りあげてああだこうだ言わない)だ。』
こういう姿勢は素人ならわからないでもない。小説家の場合も似たようなものなのかもしれない。同
業者の悪口は言いたくないということになるのだろうか。まあ、言われたくもないのだろう。だが、
これは一部の読者の期待を裏切ることになる。書評なんてものは、褒め殺しがいちばんピンとこない。
読んでもつまらない。本が好きで、悪口を言うのが好きなら鬼に金棒なのになあ、などと部外者は気
楽に考えるのだ。
『また、たとえ私にはピンとこなかったとしても、その本や漫画を好きなかたが当然おられるのだか
ら、わざわざネガティブな感想を表明して、該当の書籍やそれを好きなひとたちを否定する必要も権
利もないと考えるからでもある。
 ひとによっていろんな読みかたができるから、本や漫画はおもしろい。』
これはちょっと一般の読者をみくびっているのかなあ、と思う。ネガティブな感想の表明がその本を
否定するとは考えすぎではないか。その後に、「ひとによっていろんな読みかたができるから、本や
漫画はおもしろい。」と自分で書いているではないですか。そんなに気にしなくてもいいと考えるの
はやはり部外者だからか。そういえば、辛口の批評家に作家はすくない。そういう狭い世界に住むの
は、ある意味いごこちがいいのかなあなどとも考えるのだ。だから、同業者が作品を選ぶ「芥川賞」
「直木賞」にはあまり興味がわかない。ともあれ、通読して何冊か読んでみようかな、というものが
ありました。こうやって読書がつながっていくのは、ありがたいものです。最後に、井上荒野さん(
好きな作家です)の「潤一」の評にこういう文があった。
『私は、「なにかを捨てたかわりに、別のなにかを得ることができた」という考え方があまり好きで
はない。それは一見、とても潔い選択であり、「そうまでしてでも、本気で得たいものがあったのだ」
という強固な意志表明であるようだが、実は、非常に単純で傲慢な思考回路だと思うからだ。なにか
を捨てればなにかを得られるほど、物事は簡単にできてはいない。』
「なにかを捨てたかわりに、別のなにかを得ることができた」というのは、自分自身に対する言い訳
なのだ。そうでもしないと苦しいのだ。人はそれほど簡単には考えていない、と思うけどなあ。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

旅の夜に、歌声響く
ヒトはことばを話す。
気持ちをことばで表す。
ことばが先か気持ちありきか、と考えてもわからない。

N9391Tatin.jpg

生理学の実験では自由意思は存在しないということがわかった。
考えるより前に、すでに体は動きはじめている。
では、わたしの意思はないのか。
否、止めることはできる。

そうなのだ。
脳がすべてを統括しているわけではない。
身体が脳をコントロールしていてなんの不都合があるのか。
脳も身体もあなただ。
シンプルに考えればいい。

N9395虹

コミュニケーションはことばよりもボディランゲージが重きをなしている。
言うに言われぬ思い。
ことばは万能ではない。
すべては補完しあっている。
これを多様性とよべばいい。
多様は必要不可欠なのかもしれない。

ヒトはひとりでは生きられないのだ。
そのようにできている。
歌は不思議な感情を呼び起こす。
ともに歌えば想起される情景は無限にひろがる。
時空を超えることも容易だと実感できる。
それがひとときの夢幻であったとしても、いいではないか。

N9425花とカエル


テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

旅ゆけば、緑萌ゆる
二泊三日の信州旅行。
なぜか空は晴れているのに雨が降ってくる。
みんなの笑い話のかっこうのネタである。

しかしながら、不思議なめぐりあわせだ。
巡りあわせといえば、いまでもこうやって若いころに旅で知りあった友だちと会える。
これが人生の僥倖でなくしてなんであろうか。

N9392四葉のクローバー

だれかが言っていた。
形あるものを追い求めてはいけない。
形あるものはいつかは崩れる。

こころの結びつきを過信してはいけない。
こころはゆらぐものだと知らなければならない。

N9355道祖神

来る者は拒まず、去る者は追わず。
その意味はなんだと思うかと問われた。
執着心をもつなということだ。
執念の人になるな。
執着はこころを狭くし、判断を鈍らせる。

価値は変動するものだと知れ。
自分にとっては、大切なものであっても他人はちがうこともおおいものだ。
流されるのではなく、流れをながめていればよい。

山の姿は季節で変化する。
人も同様だと。
しかし、なかなかその域には達しない自分もまたよしとする。

N9430山脈


テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

退化する代謝
新陳代謝を活発にすることが体形維持に大切なことはよく知られている。
現代人はおおむね食べすぎの傾向にある。
ヒトの歴史のなかでは稀な時代である。
だからおおくの動物も食べられるときには食べて栄養を皮下脂肪に蓄える。
飢餓の時期をこれで乗り越えるのだ。

だが現代は飽食の時代でもある。
喜ぶべきか悲しむべきかは知らない。

それはさておき、人体のもつ機能は使わないと衰えていく。
あるいは退化するといっていい。
代謝もこれとおなじではないだろうか。
からだはできるだけ楽をしよう、エネルギー源を蓄えておこうとする。

しかし若いころは食べて入ってくるものより
成長するなりにつかっているものが多いので蓄積ができない。
だからスリムである。
運動もするので代謝は活発だ。

しかし運動をしなければ体は楽をして代謝はさがる。
代謝がさがれば皮下脂肪を蓄えられる。
ヒトとしてはもう大満足である。

だが人の立場ではけっして喜ばしいことではないというジレンマは残る。

N9366おやき


バードウォッチングで読書
ヒトでもいいけど、やはり鳥のほうが気楽に観察できるかなと思う。鳥を観て、それがなんになるの。
そういう人はすべての行動はなにかのためにするものだ、と考えているのだろうか。すべての問題は
解答があるとも考えるのか。それは知らないが、なんにもならないよと答える。なんにもならないこ
とをやるのとさらに質問してくる。そこで、なんにもならないからしているのかもね、という。すこ
し変な顔をしているが、無視することにしている。価値観、人生観のちがいかな。もしや属する文化
圏がちがうのか。それはさておき、バードウォッチングをしながらカメラで撮影する。コンパクトデ
ジカメだが、望遠60倍のすぐれものである。うまく撮れたときはうれしいし、なんだか精神が高揚
する。これはなんていう名の鳥かと図鑑で調べる。読んでみると、生態なども書いてある。案外と渡
りをする鳥が多いことを知る。はるかシベリアからやってくる白鳥たち。鳥は旅人、旅ガラスなのだ。

N4130キセキレイ

「ヴァラエティ」 奥田英朗 講談社 ★★★★
小説には著者による「あとがき」などというものはない。ところがめずらしいことにこの本には「あ
とがき」がある。なぜあるのかは奥田氏が自ら書いている。これは言い訳であるといいながら、本に
なったいきさつを書いているのである。つまり、本としてまとまらなかった短編を集めたものなのだ。
だからといって、おもしろくないということはない。これはわたしが奥田ファンだからというだけで
はないと思う。といいつつここで小説についてふれることはない。それよりも興味深かったのは、山
田太一氏との対談である。山田氏の小説には独特のものがある。それはなんだろうか、なんといえば
いいのかと考えていた。たとえば、「異人たちとの夏」。事実は小説よりも奇なりなどというが、そ
れを真にうけてはいけない。ノンフィクションとフィクションのちがいを小説のなかにもちこんでも
しかたがないと思うのだ。どっちであろうと胸を打つものがいい。と考えたりするのだ。山田氏は対
談のなかで、フォスターという作家が「何か言いたいやつは、どこか具合が悪いんだ」と書いている。
それが物を書く前提ではないのかと。そうだと思う。しあわせな人はなにも思わない、とおなじなの
だ。奥田氏が大山プロデューサーが「テーマを描くな、ディテールを描け」ということを実践したの
が山田氏だと言っていたがという質問をした。これは、神は細部に宿るあるいは真実は細部に宿ると
いうのに等しいだろう。山田氏はリング・ラードナーという短編の名手は物語の書き出しはテーマを
離れて頭に浮かんだ会話から始めろと言う、それを応用し実践しているだと答える。「筋ともテーマ
とも関係のない、始末に負えない会話が最初にあることで、全体が深まり、ふくらむ」というラード
ナーの話は興味深いという。ものごとはそう理詰めには成り立っていない。成り立つと考えることは
ある意味傲慢なことだ。人はすべてを知ることはできない、と謙虚に生きるのが正しいのではないだ
ろうか。などと対談を読みながら考えたりした。あと、イッセー尾形さんとの対談もおかしくもあり、
なるほどなあと思えるものだったが、これは是非みずから読んでいただきたいなと思うのだ。

「こうすれば病気は治る――心とからだの免疫学」 安保徹 新潮選書 ★★★★
本を知るきっかけというのは千差万別である。本書は、南伸坊氏が養老孟司さんとの対談でしきりに
話題にしてとりあげておられた安保徹氏が書かれたものだ。免疫といえば多田富雄氏の「免疫の意味
論」(青土社、一九九三年)が有名である。もうずいぶんと前に読んで感銘を受けものだ。そのころ
は「免疫」は一般名詞ではなかった。いまでは、あいつは女に免疫がないなどとふつうに言う。こと
ばは時代を反映するのだ。現代は学問の細分化がすすんで、学者もいわゆる専門家になっている。専
門はなんですか、と訊くのは特別な物言いではない。日常会話にも登場する。専門はどんどん分化す
る。しかし世のなかのことは専門家には判別できない。わたしは専門がちがいますから云々、と言い
訳をする。しかし人生の時計は止まることがない。そんなときに有効なのが教養とよばれるものなの
だ。そんなことが腑に落ちるようになってきた。だからといって専門馬鹿と否定するのは早計である。
すべては裏表、もしくは多面的な構造をもつ。免疫だけですべてを説明できるわけではないこともわ
かる。しかし、おもしろいのだ。以上のようなことを考えつつでもないが、興味深く読ませていただ
いた。お勧めしたい本である。南辛坊氏には感謝である。特にそいうことだったのか、ということが
ある。白血球だれでも知っている。しかし白血球には顆粒球とリンパ球の二種類あるというのを知ら
なかった。その役割は分化していて、顆粒球は細菌を貪食するのに優れ、リンパ球は免疫を司る。こ
のこと免疫は関係してくるのだ。
『免疫はとても大切な体の防衛システムではあるが、何でも免疫で治していると誤解している人も多
いのではないだろうか。しかし、白血球の分担のしくみを理解すれば、侵入してくる異物によって、
免疫をつくりやすものと、つくりにくいものがあることの謎も自然にわかってくると思う。細菌類に
は、リンパ球の誘発はほとんど起こらない。
 ニキビを例に考えてみよう。ニキビは、アクネ菌という化膿性の細菌、化膿を起こす最近の侵入に
よって起こるのだが、一度治っても繰り返し感染する。感染してもリンパ球の誘発が起こらず、顆粒
球が対応して、化膿させて治しているのである。つまり何度感染しても、いつまでたっても免疫がで
きることはない。』
それと自律神経の重要性についても書かれている。ストレスと自律神経と白血球、三題噺のようだ。
『私たちの心と体は非常に密接につながっている。これは誰でも知っていることだろう。ひどく心配
なことがあれば、食欲は落ちるし元気もなくなって、朝起きるのも嫌になる。悪い精神状態は身体の
働きを止めてしまうだろう。あるいは逆にけがをしたり、病気になってしまったら、気分も憂鬱にな
るだろう。心と体はこんなに密接な関係にあるのに、では何がこの二つをつなげているのかというと、
これまで誰も答えられなかった。
 私は自律神経がつなげているのだと思う。自律神経が心と体をつなげているのである。
 自律神経は、ありとあらゆる細胞を支配している。先に述べたように白血球までも支配している。
なぜ私がこういえるのかというと、白血球自体が自律神経の支配を受けていることを見つけたからな
のである(一九九七年)。体の中のいろいろな細胞が自律神経支配を受けていることは比較的よく知
られていたし、生理学の教科書にも記されている。医学に携わる者にとっては常識といえるだろう。
しかし、その中で白血球だけは抜けていたのだ。
 なぜかというと、白血球だけがほかの細胞とちょっと様子が違うからだった。白血球はいつも体の
中を動き回っている。まさかこういう細胞まで自律神経の支配下に入っているとは、なかなか考えつ
かなかったのである。普通の細胞が自律神経の支配を受ける場合には、神経の末端からある物質が出
て細胞を刺激するわけだから、神経は細胞のすぐそばまで届いている。ところが白血球は動き回って
いる。常識的な考えでは、白血球が自律神経支配を受けているという答えにはたどり着けないわけで
ある。』
そのほかにいろいろと貴重なご教示がある。消炎鎮痛剤とステロイドのこと。抗生物質のピントがず
れた使い方、ヘリコバクター・ピロリ菌のことなど。紹介しきれないので、興味のある方は自分でお
読みください。そうだったのか、なるほどとなること請け合いである(笑)。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー