ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

タケノコ探偵団(上)
KBSくんの奥さんの実家(美星町)では、毎年竹の子がたくさんとれるという。
自分で採りにくるのなら、すきなだけ獲っていいよというのででかけることにした。

それはいいのだが、この時期だというのに台風が近づいている。
いつものこととはいえ、どこかへ行こうとするとなぜか雨に遭遇することがことのほか多い。
自然の巡りあわせなのだが、どうもわたしにが元凶だと周囲は思っているようだ。
だがみなさん、雨が降らないと困ることも多いのではないですか。
米の作柄におおいに影響するし、飲み水にも難儀することになるぞ、といいたい。
それはわかってるが、旅行にいくたびに雨が降るのはどういうことだ、と反論をうける。
そんなこと知らんがな、とつぶやくしかわたしに途はないのだろうか。

だから目覚めると、まずは外の様子が気になる。
窓からながめる山すそには雨の予兆の朝靄がたちこめていた。

4663朝靄

小雨模様ながら、「吹屋ふるさと村」の観光をすることにしよう。
ここは銅山で栄えた町でもあり、ベンガラの産地でも有名である。
それで巨大な財を成した広兼邸へ、小高い丘のうえにたつ広大なお屋敷である。
どこかで見たことがあると思うのは、映画化された「八つ墓村」にでてくるからだ。
横溝正史の原作でおどろおどろしいミステリであり、ベストセラーにもなった。

4677広兼邸

銅を採掘した笹畝坑道では、うねうねと続く暗いところを歩く。
ときおりきらりと光るものがあり、よもや金銀かと思ったが水滴に光が反射しているのだ。
まあ、そんなことはめったにあるものではない(嗚呼、残念)。

4686笹畝坑道

4716吹屋町並

今夜の宿は「ラ・フォーレ吹屋」だ。
すぐ近くにはライトアップされた「吹屋小学校」があった。
生徒の減少にともなって今年度で廃校となる予定らしい。

4726吹屋小学校

部屋でビール・ワイン・清酒・芋焼酎など飲みながら歓談する。
そのあいだも、外では間断なく雨が降っている音がするようであった。
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1001-69ce040f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー