ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

奈良井宿
ずいぶんとブログの間隔がひらいてしまった。
これといった理由はないのだが、なんとなく書く気がしなかった。
これからもぽつぽつと書いたり、書かなかったりということになるだろう。

夏というと海か山かと感じていたのは若いころのこと。
ではあるけれども、どこかへ行きたいと思う気持ちは変わらないものだ。
そんな折、新車がやっと納車になってどこか遠出したくてならない友人から電話があった。
あっというまに、走り甲斐のある(?)信州にでかけようということになった。

なのに彼は土曜日の午前中は仕事だというではないか。
まあいい、先に行って待っているからゆっくりおいで。
ということで、滋賀に住む夫妻の車に相乗りででかけることに決定する。

早朝の高速道路はそれでも車の数はそこそこ多い。
やってきたのは木曽路の奈良井宿。
妻籠、馬籠とならんで古い宿場町だが、どちらかというと落ちついた雰囲気がある。

4943奈良井宿

4948奈良井宿

街道筋を歩いていると、軒下にツバメの巣をみつける。
いそがしそうにせっせと雛にエサをはこんでいる。

4945ツバメの巣

睡蓮鉢には水をもとめてハチが集まっている。
木曽路は山のなかだが、やはり暑いのはハチだっておなじ。
くれぐれも熱中症にならないように(だが、ハチに熱中症ってあるのかどうか…)。

4954睡蓮鉢のハチ

なんだかのんびりした気分で歩いていると、軽トラックで商いするおじさんがいた。
こんな風景のなかにいると、なんとなくゆったりした気分になれるのである。

4952町売り

もちろん、今夜の宿は白馬にある「TATIN」だ。
一周年おめでとうございます。

4991TATIN.jpg
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1015-22c10779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー