ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

湖畔の宿談義(上)
目下、週休三日制というめぐまれた就労条件のもとにある。
だからいつも家でくすぶっているというわけにはいかない。
そんなところには、かならずかどうかは知らないがお誘いがくるものなのだ。

金曜日の朝早くといっても七時すぎだが、車ででかけることにする。
県道、国道をつないではしっていったのだが、しばしば渋滞にひっかかる。
当然のことながら、車内では言い争い(?)が勃発するのである。

「だから、高速で行こうと言ったのに」
(高速だから渋滞がない、とはいえない)
「だったら、でかけるときにもっと主張しろよ」
(どうせ、言ったってきかないくせに)
「あ~、トイレに行きたい」

ということで、コンビニで停車して一時休戦となる。
すっきりすれば気分も変わるのである。
(こうした口論があるのは仲がいい証拠、だそうである)

なんとか約束時間に着いたところは京都府相楽郡精華町にあるJRの祝園(ほうその)駅だ。
東側には近鉄京都線の新祝園駅が隣接している。
ここで、HYRちゃんとKちゃんと合流して、いざガーデン見学へ。
個人の家だが庭も拝見して、お宅のなかにおかれているいろんな雑貨もみせていただく。

5337ガーデン

みているうちに、ついわたしもこんなものを買ってしまった。
というか、買わなければまたあとでぐちゅぐちゅ言うでしょう、とやや強引に買っていただいた。
でも、まあ結果オーライで、帰ってきてベッド脇のサイドテーブルに置く。
なかなかいい。いろんな連想がわくのである(そのことはまた別の機会に)。

5343胸像

ここからつづいて薔薇の庭を拝見したりランチをいただりお話をうかがったり。
なかなかに元気なかたがたなので、こちらも元気をいただくという感じだ。

5350室内から庭を望む

しかしながら、いろんなひとがいるもんだなあ、といまさらながらに思うのである。

5357ドライフラワー
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1044-55627539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー