ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

部分と全体
テレビを見ていて、女性(男性でもいいが)の痩せる方法論をやっていた。

単純に考えれば、こういうことだろう。
肥満とは、入力(食べる)と出力(エネルギーをつかう)との差がプラスになっている状態だ。
プラスのものを脂肪として蓄えるのは、いざというときに備えようとするからだのもつ防衛本能だ。
だから、脂肪として蓄えたくないなら、出力を入力以上にすればすればいいということ。

ダイエットもまずは体重を落とす、を主眼とするのだが、それだけでは満足できない。
健康のためというのもあるが、見た目をかっこよくしたいのである。
(痩せているとかっこいい、かどうかは議論がわかれるが…)

つまりかっこうよくなるためのダイエットなのだから、かっこうよくならなければ意味がない。
極論すれば、ダイエットしなくてもかっこよく見えるならば、それでもいい。
(どちらかというと、そのほうは好ましい。つまり努力不要だから)

だがかっこよさは、痩せているということではなく、からだのバランスのよさにあるというのだ。
体型のバランスよければ、おなじ身長・体重でもかっこよくみえる。
痩せてても、おなかがぷっくりではダメなのだ。

5438水面に映る

ヒトは見た目(錯覚も含む)で判断されるのだから、どのような体型がいいのかが問題なのだ。
ふつうだれでもが考えるのは、ウエストのくびれである。
だが盲点は二の腕にあるというのである。
レディ・ガガ(彼女身長155cmだとか)は、二の腕を細くすることによってかっこよく変身した。
映像で較べてみれば一目瞭然なので、反響はおおきかっただろうと想像する。

しばらくは各家庭、職場、公園であの運動がみられるかもしれない。
しかし悲しいかな「人間は忘れる動物である」、ということを忘れてはいけない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1047-e16e8a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー