ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

招運新年会
人は運がいいとか、悪いとかと思うものであると前回書いた。

運よく結婚できた、あるいは運悪く結婚してしまった。
もしくは、運よく結婚しなかった、あるいは運悪く結婚できなかった。
ともに正反対のことをいっているが、どちらも成り立つことはわかっている。

これらは、心理をあらわしているかもしれないが真理をあらわしているとはいえない。

運がいい、運が悪いと、結婚できる、結婚できないとには必然的な関係はない。
ではあるが、人はなにかとなにかを関連づけて考える傾向もっている。
論理的ということばに、なにかいいあらわしえない魅力を感じているだろう。
かといって、非論理的に生きる人はいないというのでもない。

だが論理的とは約束事ではないか、という意見もきかれるのである。

そもそもこれらの文章に真理があるのかどうかもわからない。
であるから、「病は気から」というように気に病むことは健康上いいことではない。
おなじことなら健康的でありたいものだ、というようなことであった(?)。

ところで、土曜日に新年会があり運よく参加することができた。
いろんなところから集まってくる仲間がいるという幸運な境遇にある。
若いころから知っているので、遠慮なく言いあえふだんは感じているストレスもない。
逆にストレスを発散できる場といえなくもない。
しゃべらなくても、やりとりを聞いているだけですっきりできるわ、とおっしゃる。

ジャズの流れるなかシャンパンで乾杯して(これは一月生れのメンバーへ)、

5895ジャズ

5904シャンパンで乾杯

用があって来れないという鮮魚屋から仕入れた(?)新鮮な刺身を食い、

5910魚太の刺身

ホストが特別に手配してくれた「イベリコ豚の生ハム」に驚き、

5914イベリコ豚の生ハム

これは見るためだよという1980年もののワイン(KBS氏より)などある新年会はにぎやかだ。

5903ワイン1980年物

こういう会にくると、しあわせはお金では買えないということが実感できる。
ではお金で買える不幸せはあるのか、についてはいまだ答えを知らない。

酔って論理がとんだりするのだが、楽しい気分だけはほんものだ、と思ったり。
あと何回この新年会が開催されるのか、とふと寂しく感じたり。
やはり諸行無常であるのかと、われにかえったりする冬の日であった。

5957堂島川

やはりわたしは運のいいヒトに属するようである。
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1078-b72e87f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー