ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

春は名のみ
四季のうつろう日本に住んでいると、冬から春になるのはあたりまえのことだと思っている。
あるとき、そのあたりまえのことになにか異変を感じるときあなたはどうするだろうか。
その異変がどうしておこったのか、真相を知りたいと思うだろうか。
なぜそうなっているのか、を問いかけることはヒトのヒトたる所以でもある。
まだつぼみ状態の梅や椿をながめながら、それでももう春がちかづいているのだと思う。
早朝の鳥のさえずりで目がさめることに、すこしばかりのよろこびを感じる。
庭の草木や、虫たちのほうが季節のさきぶれに敏感だから。
ヒトは時間に追われて暮らすうち、いつのまにかそんなことも忘れて生きている。
あるとき、音のない森閑とした春に気づいたとしたら、どんなにか驚き不安になることだろう。
レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を読んだのはいつのことだったろうか。

6426梅のつぼみ

「そうか、もう君はいないのか」 城山三郎 新潮社 ★★★
多感な青春のころは戦争に突入する時代でもあり、大義を信じてみずから海軍に志願兵ではいる。
だが、そこは古参兵が新兵をいびることにのみ生きがいをみいだすような場所であった。
敗戦後(終戦ではなく)、大学にもどるのも人生の大義とはなにかをもういちど考えたかったからだ。
偶然にいきかった女性といくたの別れをへながらも不思議な出会いの後に結婚することになる。
それが、書名にもある君(妻)のことなのが読んでいて、ちょっぴりもの哀しくなる。
城山三郎が自分の人生をふりかえりながら書いた自伝でもある。
彼の小説のテーマはこの自伝に書かれているように、人生の大義はどこにあるのかということにつきる。
人は生きる、よく生きるためには大義(それはひとそれぞれだろうか)がなければならない。
そんな世代の生真面目さが、なぜだか忘れさられた現代には妙に新鮮に感じられる。
君(妻)に頼り切っていた(信頼、敬慕していたのだろう)城山氏の生活がしのばれてすがすがしい。

「確信する脳」 ロバート・A・バートン 河出書房新社 ★★★★
なにかについて知っていると思うのは、どういうメカニズムの結果生じるのだろうか。
『確信とは、それがどう感じられようとも、意識的な選択ではなく、思考プロセスですらない。
確信や、それに類似した「自分が知っている内容を知っている」という心の状態は、
愛や怒りと同じように、理性とは別に働く、不随意的な脳のメカニズムから生じる。』
確信することは理性の結果ではないというのである。
『<既知感>が無意識のうちにあると考えるのは馬鹿げている。
感じられない感覚など意味がない。
説明になりそうな考え方は、無意識のパターン認識には正しさの可能性の見積もり計算が含まれ、
それが意識においては<既知感>として経験される、というものだ。
以前に学習したパターンと新しく知覚されたパターンとが近ければ、
<正確感>は高まる。完全に一致すれば、非常に強く確信することになる。
以前の経験とマッチしない、よく分からないパターンはきちんと認識されない――そこから生じる、
可能性が低いとする計算結果は、奇妙なもの、見慣れないもの、間違ったもの、
「正しくないもの」と感じられるか、あるいはまったく感じられないのだ。』
デジャヴ(既視感)も同じような説明ができると筆者は考えている。
『生理学的に言えば、身体と切り離された思考というものはありえない。
身体的な、そして心的な感覚、知覚から離れた純粋に理性的な心というものもありえない。』
身体を持たない思考とはいったいなにをさすのか、と問われれば答えようがないだろう。
そうした意味では、心身二元論などナンセンスだといえるだろう。
というよりは、心に重きを置きすぎると身体を忘れてしまうということになる。
そんな莫迦なといわれるなら、メロドラマでこんなセリフを聞いたことがなかっただろうか。
「あなたはわたしの身体が目当てだったのね」
このセリフは見事に心身二元論の立場を表明しているではないですか(笑)。

「テロリスト」 マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー 角川文庫 ★★★★
スウェーデン社会を描く、きれいごとではなく実相を警察小説のなかで書いてみる。
一年一作で一九六四年から一九七五年に至る現実のスウェーデン社会がここにある。
それも本作で終わりをつげるということであるが、なんとも残念な気がしてならない。
出会いがあれば別れは必然(?)的にやってくるとでもいうのだろうか。
映画にもなった「笑う警官」(四作目)で一躍有名になったのだが、志はくじけなかったということだ。
その社会の実相を知りたいと思うなら良質なミステリーを読めばいい、とだれに聞いたのだったか。
まさしくそのことばどおりのマルティン・ベック主任警視シリーズでありました。
資本主義社会が内包する尖鋭的な暴力(テロリズム)を最後にもってきたのは暗示的でもある。
福祉国家とだけではとらえきれないスウェーデン社会の現実を本書に読むのもいいではないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1100-a9a1b96d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー