ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ぎおん好き
赤ん坊はふつうにことばを話せるようになるまでは、パブパブ言っている。
だがこうした言葉づかいは、赤ん坊に限られるわけではない。

わが家には、

「ああこんなことになるなんて、シクシク」とか
「もうお風呂が沸いたにゃん」
「まったくもって、プンプンだわよ」

などとおっしゃるかたがいる。
のではあるが、なんとはなしに諒解できてしまうから不思議なものだ。

こうした擬態語・擬音語(オノマトペ)は、日本語ではよくつかわれる。
アニメや漫画などでも多用されて、ある意味日本文化の特徴でもあるといえる。

言語(概念)の衝突をさけようという心理がはたらいているのだろうか。
感覚を優先させて、こころのふれあいでということか。

こどもっぽいし、莫迦じゃないか、というのは短慮にすぎると思う。
世のなかファジー(曖昧)な空気が満ち満ちているではないか。
そんなにしゃちほこばらないで、リラックス、ラリックス。
どうせ生きるなら楽しくやりましょう、というメッセージなのだ。

そうした深謀遠慮からなされている言動ではないか、と考えたりするのである。

6323フィニフニ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

可愛い!
【2012/04/05 00:11】 URL | nonohana #- [ 編集]


☆nonohanaさん

そうですね、可愛いいという感情をよびおこすのかも。
是非、実践されることをお勧めします。

ヒトはまたこどもに戻るんでしょうかね(笑)。
【2012/04/06 01:12】 URL | ムッシュ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1101-6ed71c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー