ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旅は突然に④ 伊万里篇
朝からすこし雨を感じさせる空模様になってきた。
車の屋根もそういえばぬれている。
雨が本格的にふりだすまえにということで計画を変更する。

唐津城はとおくからながめるだけにしてパスすることに。
かっては鍋島藩御用窯であった伊万里、大川内山(おおかわちやま)地区へとむかう。
やはりというか降りだした小雨のなか、こじんまりとした窯元の散在する里をあるく。

6770伊万里

6780大川内山地区

ずべてをまわるというわけにはいかないので、ちかくの伊万里鍋島焼会館で下見する。
いろんな窯元の作品があるので、これはと思うところをピックアップしてみた。
「大秀窯」「せいら」と「虎仙窯」がよさそうだ。

6766大秀窯

6781せいら

6787虎仙窯

いたるところ窯元の里らしいさがみえる。
「大秀窯」のご主人とすこし話をさせていただくが、とても感じのいい方でした。
こうして人のすくないときだからこそ、の時間なのかもしれない。
もうすぐ風鈴祭りもはじまり、長期間にわたってますのでまたお越しくださいと。

6802風鈴

小雨のなかにたたずむ伊万里焼きの地はいいものだ。
ぶらりゆらりとそぞろ歩くなか、「お買い得品あります」などの書き付けに誘われたりする。
ということでまた何点か買い求めてかみさんも満足なようで、けっこうなことです。
しかし、こうしてどんどんと荷物が増えていくのはすこし考えものではありますが…。

6783ウインドウ

今夜の宿の門司港へとむかううちに雨は本降りになってきた。
ひたすら走ってやっとホテルに到着する。
窓のそとは煙るようで、これはこれで港らしくていいではないですか。

6823門司港ホテル

横ナグリノ雨ニモマケズ、居酒屋ヲメザス。
寒サニ震エナガラ、生ビールヲノム。
鯵ノハネルニオドロケレドモ、ヒルムコトナシ。
サラサラニ酒ガワマレバ、コノ世ニオソレルモノナシ。

6819居酒屋

6830撥ね上げ橋

窓をうつ雨音をききながら、いつしか眠るのも旅の定めなり。

6833雨だれ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1137-f28be9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー