ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

旅は突然に⑤ 門司港篇
朝になって雨もやんでいたので港周辺を散歩してみる。

6873海岸デッキ

6883門司港

6885ガラスショップ

インターネットで調べて気になった場所がひとつあった。
その名も「カボチャドキア国立美術館」っていったいなんだろう。
カッパドキアなら地名としてあるが。
国立と書いてくにたちと読むのであろうか、などと想像するのである。
案内所できいたら親切にも調べて地図を書いていただいた。
わたしも気になるんですよねえ、ここってと案内係りの方はおっしゃるのだ。

土・祝日しか開館していないということなので、なおのこと行ってみたいと思う。
門司港から車で十分あまり、静かな住宅地の一角にあった。
しかし、なんということだろう今日は臨時休館となっていた。
まわりをぐるりとまわるだけにとどめて、しかたがない次なる場所へ。

6890カボチャドキア

6888外形

北九州市立美術館分館で「岸田劉生の軌跡」がひらかれていた。
またふりだした雨のなか小倉へとむかう。

高層ビルのなかショッピングセンターの上にあった。

6897岸田劉生展

まばらなひとびととともに鑑賞する。
しかし、この作家はどこか人をひきつける魅力があるのだろう。
見学のひとたちはみな熱心に作品を鑑賞していた。
やはり絵を見るというのはけっこう疲れるものなのである。

さて、これで今回の旅もおしまい。
小倉駅ビルの地下のスーパーでつまみとお弁当を買ってのぞみに乗りこむ。

外は雨、ビールをのみながら、まどろみながら帰途についた。
さて、次回はどこへ行くことになるのだろうか。

6904のぞみ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1138-9694cd7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー