ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

真鍋島の夜
真鍋島では、法事は二日にわたって本浦の家でおこなわれた。
金曜日の夜にお坊さんが来られて、朗々とした声でお経をあげてくださった。
土曜日にも朝からお経をあげてくださり、その後お墓でもお経をあげていただいた。
それから円福寺に行って本堂で、これはみんなでお経を唱えたのだった。

さらに家に帰って、お看経(おかんき)をしておじさんの七回忌の法事を終えました。

その席で、ひさしぶりに守司さんにお会いしました。
92歳になられるそうですが、とてもお元気そうです。
カメラが趣味とかで、まゆさんの次男の赤ちゃんの写真を何枚も撮られてました。
ときおり投稿もなさるようで、なかなか本格的なものです。

若いときに守司さん家の井戸掘りを何人かでしたことがあった。
そう言ったら、そのことは憶えていられるようで、そうですかと驚いていらっしゃいました。
MROくんは、ぼくは三虎までの水道配管をやりましたよ、と話がはずみました。

そのころの守司さんは男としてかっこういいなあ、なんて思っていました。
三虎のおじさんも、守司さんには頭があがらないようでした。

7379ハンモック

夜には三虎にもどって、楽しい食事会になりました。
博くん、シニフィエとシニフィアンの話などまたやりたいですね。
意外だったのは、みんなが近年亡くなったクロード・レヴィ=ストロースを知らないと言ったこと。

まわりは少々迷惑(困惑?)顔でしたが、お酒を飲んで学術的(?)な議論をするのもいいですね。
おじさんがいたら、きっと参加してくれたのではないかと想像したりしました。
おばさんはきっと笑いながらやさしく見ていてくれたのではないか、などと。
SSKさんのちょっと早い誕生日祝いなどあってほんとうに楽しかった。

7381博くん

7382誕生日

いつも思うのだが、真鍋島はなぜか落ち着けるのである。
どこが、なにがではなく、港を降りたつともう気もちがちがうのがわかる。
海の景色をいつまでもながめていたい。
どこへ行きたいかといったら、それは佐柳島だと言ったおじさんのことばがよみがえる。

7390佐柳島
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1176-5bc77566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー