ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

菜の花景色
さて、琵琶湖岸にはすでに春がきているという。
はるかの山々は雪におおわれているのだが、あたりは春模様なのだ。

N1701山は雪

ふつうの品種ではないということなのだが、それはそれで美しい。
カンザキハナナ(寒咲き花菜)というのだそうだ。

N1702菜の花

美しいといえば、同行いただいた三人の熟女(?)方も美しかったという記憶がある。
(補足:いまも美しいといえることを否定するものではないと確言できる)
ほんの三、四十年も時間をさかのぼればいいだけのことである。
それこそ人間に与えられた想像力というものをはたらかせなさいということだ。
いやそうではない想像する必要はない、記憶をたどればいいだけのことである。

記憶というものは、高性能のカメラフィルタのようなものかもしれない。
修正ということではないが、微妙にソフトタッチになるようにできているのだ。

人体の細胞は約一年を経ずにほとんどが入れかわる(新陳代謝)という。
だけど、あなたはあなたであるとわかる(認識してしまう)のが不思議なものだ。

N1717はせ川

このイワナの刺身もまたわが身を構成する細胞分子に変わってゆくのだろう。

N1719イワナの刺身

また、来年も変わらない姿でみなさんお会いいたしましょう(笑)。

N1705菜の花畑

スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1234-46b47c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー