ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

答志島
24日(日曜日)に八幡祭りがおこなわれるという答志島(とうしじま)へ。
早朝には雪がちらつき、全員あきらめの溜め息とともに出発するのであった。
(こればかりはいかんともしがたい)

答志島へは鳥羽マリンターミナルから小一時間の船旅(片道530円)である。
待ち合い室には、高価そうなテレビカメラ(BS、TBSとか)を持った方など多数いました。
ほどなく島についてぶらりぶらりと歩き、集会所らしき場所にやってくる。

N1788神主

午前10時頃からは演芸がはじまり、踊りがつぎつぎと披露されます。
12時前後に弓引き神事(おまと行事)がおこなわれると聞いていたのですが…。
寒さのなか、じょじょに人が増えていく。
それでも若者たちは元気だ。

N1819若者

N1834若衆

N1844見物

そのなかにいた事情通らしき島民の言では、まあ一時半頃だろうという。
全員しかたがなく寒さに足踏みしながらまっていたのだが、あっというまに終了。
なにがなんだか、よく見えないまま終わってしまった。
(なんとか撮れた写真はこれだけ)

N1852おまと行事

おまと行事では、弓が放たれると同時に大勢の人々が、お的の炭をうばいあう。
そのお的の炭で各家や船に「まるはち」と書き厄除けとする伝統がいまも続いているとか。
さっそく家の壁に書いている島民発見、でいちまいパチリと写させていただきました。

N1854まるはち

なんだか真鍋島の走り神輿を思いだしてしまいましたねえ。
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1240-fdbce9bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー