ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お伊勢さん
伊勢神宮には、内宮と外宮があることはひろく知られている。
内宮は天照大御神が、外宮には豊受大御神が祀られていることも御存じだと思う。

N1866内宮

二十年にいちどの遷宮(建替え)にあたる今年はことのほか人気があるようなのだ。
(外国からの団体さんなども多く、人気あるいは目玉旅行先になっているのかもしれない)
ということで、ことさらに月曜日に訪れることにしたのだが、思惑はみごとにはずれた。
思っていたよりもはるかに人が多いのである。
おそるべし、というべきか。

といっても、人出は内宮周辺に限られているようでもある。
ちかくに「おかげ横丁」があるおかげか、おおくの観光客を集めているのだ。

N1867伊勢

N1873赤福

さて、御札は外宮でいただいていたのでそちらに向かうが、こちらはひっそりとしている。
この静けさ加減のほうが、神宮らしくていいとは思うのだが。

小学校のころを思えば、六年生の修学旅行に一泊で伊勢にきたことが懐かしい。
どんな風景だったかなどは、あまり憶えていない。
しかし、旅館で枕投げをして先生におこられたことなど思いだす。
いまでは関西の修学旅行先はどうなっているのだろうか。

神道うんぬんはさておき、こうしたエリアが残されていることは幸運だと思う。
時の流れとともに景観が変わっていくのはいかんともしがたい。
とは思いながらも、なぜかほっとする伊勢路ではある。

N1876外宮
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1241-ddbd5884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー