ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

奢る男子は久しからず
いっしょに食事をしたり飲んだりしたときに、勘定はだれが払うのか。
まあ、わが家ではたいていはかみさんが払いますが(交際費枠?)、そういうことではなく。

独身時代に男女ふたりでの場合など、どうなのだろう。
こんなことを思ったのも、ネットでそんな相談コーナーを読んだせいか。

概略は以下のようなこと。

遠距離のふたり(大学時代の友人で共に30代になったばかり)がひさしぶりに会うことになった。
男性が一時間半かけて会いに来て、車だからお酒なしで食事をした。
さてお会計の段になって、わたし(女性)が…と言うと、いいからと彼が言った。
もしや奢ってくれるかと思ったが、ちゃんと半分貰うよと言われ、2000円払った(勘定は5000円位)。
奢ってくれなかったということは、わたしに脈がないんでしょうか。
追記があって、そのあとドライブで夜景を見に行ったけど…と。

これを読んで、いろんなコメント(アドバイス等)がよせられるわけだ。

★そんなセコイ男(ケチな男)との交際はやめなさい。
☆お金のことばかり気にしないで、そのとき楽しかったかどうかが重要なのでは。
★あなたが先に払うと言ったんだから、立ててくれただけじゃないの。
☆そんな払う気もないのに(だからもやもやしてる)演技するなんて、嫌な女性ね。
★でもやっぱり男性には奢ってほしいわよね。
などなど、いろんな意見が続く。

いまでは、割り勘というのが若い世代一般にあたりまえ感覚なんだというのがわかる。
でも、もちろん男が奢る(これは見栄ととらえられている)のもありなんだそうだ。
見栄については特に否定的な感情ではなく、ふつうに思われているのもおもしろい。
(見栄をはるなんてではなく、まあだれにもあるものでは、というような捉えられ方)

そういえば、若いころにはよく女性に奢ってもらったみたいだった、と思いだす(汗)。
(そのころは自覚がなかったし、別にそれで卑屈になることもなかった)
(持ってるやつが払えばいいんだ、それが共産主義というものだ的な感覚だったろうか)

しかし、奢られるのがあたりまえみたいな女性とは付き合いがなかった。
(相手もわかって近寄ってこなかったのだろうし、こちらも嫌だったし)

すべての人に好かれることはないし、いいんじゃないですか(笑)。

N1883観世音菩薩
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1242-dd6b081f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー