ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

趣味的読書
趣味はなんですか、というのがなにげない会話のはじまりになるという。
あたりさわりがないようにと思ってか、つい読書ですと答えてしまう方が多いそうだ。
履歴書の趣味欄にもそう書くのが無難だ、と思われているようなふしがあるのだが…。
もし、どのようなものを読まれるんですか、と聞かれたら。
さらに、好きな作家はだれですか、とたたみこまれたら。
続いて、ひと月に何冊ぐらい読まれるんですか、と問われたらあなたならどうしますか。
そこまでつっこむのかよ、と思いつつわたしなら素直(?)に答えるだろう。
読むのは、言語哲学、脳生理学、進化生物学、文化人類学…、意味論もおもしろいですね。
あなたはどの分野に興味があるんですか、なんて逆に訊いてしまうかなあ(笑)。

N2567びわの葉

「超心理学」 石川幹人 紀伊國屋書店 ★★★
副題に、封印された超常現象の科学とあるように、超心理学を科学的に考察したものである。
超心理学に否定的な方でも、では科学的な事実についてもおどろくほど無知なことがおおい。
『眼球がカメラのように働いていることは知識として知っていたが、
では網膜の像をどのように「見て」いるのか。
それがわからなければ、ESPの知覚(眼球を使わない知覚)があっても、通常の知覚
(眼球を使う知覚)とどこまで同じで、どこからが特異的なのか、まったくわからないではないか。
つまり、たとえESPが存在すると確認されたとしても、研究が進まないということだ。』
たびたびでてくる超能力実験ではあるのだが、統計的には有意だといわれてもピンとはこない。
統計的に意味ありというのは、かならずその能力をつかいこなせるということではない。
まあ、偶然だとはいえない、という程度なのであるから、まず一般受けはしない。
加えて、科学者が実験に立ち会っても奇術師のトリックを見破ることは期待できない。
『奇術師のジェームズ・タンディは、超能力をはっきり示した能力者には
一〇〇万ドルを進呈するという懸賞企画をもうけている。
一九六四年の開始以来、一〇〇〇人以上がチャレンジしているようだが、
獲得する者はいまだ現れていない。』
しかし、奇術師といえども科学的知識が不必要ということではない。
『モリスの奇術に対する思い入れには、並々ならぬものがある。
奇術は心理学、芸術学、演劇理論などと深くかかわるし、トリックのタネを考えるうえでは、
数学や物理学、化学の素養も必要なので、
「大学教育のカリキュラムに入れてもよいくらいだ、むしろ入っていないのが不思議だ」と言う。』
世間的には超能力者とは「AKIRA」のようなイメージであるから、隔たりははてしもない。

「まだまだ言うぞ イギリス・ニッポン」 高尾慶子 展望社 ★★★
まだまだお元気な高尾女史である。すべてにうなずくことはできないが、おもしろいと思う。
『「知識は力だ」といわれるように、博学になると恥が何かも学ぶからである。』
知識はある(知っている)けど、厚顔無恥というかたもときにいらっしゃる。
もったいなあ、思うのである。なにを指針に生きていらっしゃるのだろうかと。
『人の人生や幸せを、国家や法律では決定してはならないというのが英国人の考え方だ。
ゲイに生まれようと、性転換しようと、それは他人が干渉することではなく、
個人の問題PERSONALMATTERとして受け入れるのだ。ガキと年寄りを邪魔扱いはしない。
ガキは世界の未来だ。年寄りはこれまでの社会を担ってきた功労者だ。
そう考えたら、みんな仲よくできるはずだ。』
なにごとにおいてもおせっかい社会の日本に住んでいると、耳が痛いのである。
そんなことまでいちいちアナウンスしなくてもいいのに、とは日常に思うことである。
まあ、子ども相手なのかと考えれば、日本は一億総幼児化社会なのかと嘆息もでる。
『ロンドンのコーヒーショップではミルクコーヒーとは呼ばず、
わざわざ英国人の若者は「カフェラッテ」と呼ぶ。
そのちょっと前までは「カフェオーレ」と呼んでいた。
そのちょっと前までは「ミルクコーヒー」、または「ホワイト」と呼んでいたのに。』
『日本で「ナイーブ」はほめ言葉だ。英語では侮辱の言葉だ。』
このように日本の若者間だけではなく、ことばは変遷、流行があるのが現実である。

「変死体」(上)(下) パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳 講談社文庫 ★★★
はなばなしくデビューした「検屍官」シリーズの第18作目、ちょっとなかだるみの感あり。
いろいろと最新のIT知識など披露してくれるのだが、それもなんだか中途半端に思える。
それはさておき、スカーペッタが住む住宅の近所で犬と散歩中の若者が心臓発作で死亡する。
外傷もみあたらない遺体から、翌日、大量の出血が発見された。
ということは、モルグに運ばれ冷蔵庫にいるあいだ生きていたということなのか。
でいろいろと最先端兵器(?)などがでてくるのだが、説明が曖昧になるのはしかたがない。
いろんな薀蓄(?)にもいまひとつ食指がうごかない、今回作でありました。
最後に、トリビアをひとつ抜書きしておきましょう。
『ポーカーで〝デッドマンズ・ハンズ(死者の手)〟と呼ばれる、エースと8のツーペア。
開拓時代のガンマン、ワイルド・ビル・ヒコックが、酒場でポーカーをしていて背後から
撃たれて死んだときに持っていたと伝えられる手。』
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1274-26e388da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー