ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

鈍川温泉にて
翌日はやはり雨がふりだしたが、予定通り「砥部焼祭り」へとむかう。
やはりこの時期雨が多いのだろうというと、ただちに否定されてしまった。
雨がわたしの行く先々についてまわるという不思議な因果関係があるのかもしれない。

かみさんは雨をものともせず、買い物に鋭意専心しているようだ。
これで精神的な安寧が得られるのならそれはそれでいいことである。

物質的なものを軽んじるということは考えものである。
肉体を精神の下部構造とみなすのは、近年あやまりであることが明らかになってきた。
どちらかというと、精神は肉体の強い影響下にあるといえそうなのだ。
チェホフもいう「風邪を引いても世界観は変わる、ゆえに世界観とは風邪の症状である」。

まあむずかしい話はべつの機会にゆずるとして旅をつづけよう。

8045鈍川温泉

8028カドヤ別荘

今夜の宿は「鈍川温泉」にとる。
pH(ペーハー)9.9のアルカリ単純泉だと浴場に書いてあった。

「pHって最高は10までなの?」
「pHというのは、0~14まであって、14だと皮膚が溶けます」
「アルカリ泉のぬるっとした感じは、皮膚というか角質が溶けているってことなのかな」

などと学術的な会話をかわしながら、湯につかる。

夜更けには、一部屋にあつまって宴会のはじまりである。
老若男女といえるのかどうか、とにかく12名が集う今夜のパーティなのだ。
近くを流れるせせらぎの音がすごいなあ、と思ったら強い雨だった。
人の認識などこの程度のものなのだから、そう肩ひじ張って生きることはない。
こんな会話をきけば、KMさんも笑ってくれるだろうと思う。

8035宴会飲料
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1312-3903d924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー