ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

黙読の時代
中世のヨーロッパでは、本は声にだして読むものであったとなにかの本に書いてあったと思う。
日本でも江戸時代の映画やドラマで、武士の子が素読する場面がでてきたりする。
一般庶民のこどもたちも、寺子屋で声をあげて読む光景などがあるのを記憶している。
いっとき、声にだして読むことが推奨(?)されたりしたことがあった。
では黙読は声をまったくはっしてはいないのか、と考えてみるとそうともいえない。
じっと自己観察してみると、頭のなかで音のない声(!)が響いているのがわかるだろう。
外部への音声出力はないかもしれないが、たしかに音が声がしているのだ。
それを聴きながら、思考は連想はつづいていくのではないかと思う。
対話、会話のたぐいは決して自分ひとりだけだとできない、ということはないのである。

N3231養殖

「ブラウン神父の無心」 G・K・チェスタトン 南條竹則・坂本あおい訳 ちくま文庫 ★★★
推理小説の古典であり、シャーロック・ホームズと並び称されるブラウン神父の初登場作品である。
短編集でもあるのだが、はっきりいってどこがおもしろいのかわからなかった。
やはり時代的な問題があるのだろうかと思ったり、推理のすすめ方にすこしとまどってしまう。
書くことがないので、筆者チェスタトンを描く解説文中の逸話を紹介しておく。
ちなみにチェスタトンは巨漢で、身長193センチ、体重は130キロあったそうだ。
『痩身の菜食主義者ショーをチェスタトンが
「君を見たら、誰だって、イギリスは飢饉に襲われたと考えるぞ」とからかうと、ショーはこう答えた。
「君を見たら、誰だって、飢饉の原因が君だって考えるだろうね」』
蛇足ながらショーとは、ジョージ・バーナード・ショーのことであります。
こんな楽しい人物のようなので、もうすこし読んでみようと思います。

「脳はこんなに悩ましい」 池谷裕二・中村うさぎ 新潮社 ★★★★
池谷裕二さんの語り口がいい、と感じる。
好奇心が旺盛なわりには力んだところがないし、ああこういう人が研究者の理想だなとまで思う。
ややほめすぎかもしれないが、それくらいの人だというしかない。
研究することや考えることはこんなに楽しいのだと伝わってくる。
養老先生とはまたちがったタイプだが、述べておられることがよくわかる気がする(笑)。
『たしかに男性の方が、自分を客観視する能力が低いかもしれません。
女性はまず「化粧」という行為を日常的にしていますよね。
他人から見た私はどう見えるのか、あるいは、
他人からどう見られたいのかを、日常的に意識しています。』(池谷)
ありきたりの学者はこういうことが言えない、と思う。
『「腦はほかの臓器に比べて、多くのエネルギーを消費する」と揶揄されますが、
実は、効率そのものは決して悪くはない。
だって、脳には千億を超える細胞があるのに、わずか二十ワットの消費エネルギーで動くのですよ。
電気料金にしたら月額三百円(笑)。これは、一部のシナプスが優先して働くおかげなんです。
だからこそ、脳は電子コンピュータの何十分の一の消費電力で駆動できるのです。』(池谷)
きっちりと決まったプログラムで動くのではない脳って、ヒトってうまくできていると思います。
遺伝情報も関係性のなかで発現しながら成長していくんですから、すごいものです。
是非、池谷氏の本を読んでおおいにふむふむとうなっていただきたいものです。

「ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム」 谷口忠大 文春新書 ★★★★
著者は、ビルリオは書籍を表すラテン語由来の接頭辞であり、バトルは戦いを意味する、という。
このビブリオバトルには公式ルールがあり、それは次の四つである。
1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2.順番に一人5分間で本を紹介する。
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員
 一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。
こうした発想にいたるには、以下のような事情があったという。
勉強をかねた輪読会というようなものは大学のゼミやグループなどでよく行われている。
しかし、では何を読むのかが決められなければ輪読会をはじめることができない。
それにこのメンバーにとって良い本を見つけるということは、きわめてむずかしい。
それならば、みんなでその本を見つければいいじゃないかという発想の転換があったのだ。
輪読会の弊害は発表者以外が受け身になってしまうということにある。
では、参加者すべてが発表者になればいいし、一番になってやろうという目標もできる。
本もいやいや読んでいては(そんなやついないだろうが)身につかないことはだれもが知っている。
勉強もどうしたらやる気がでるか、この点にかかっていることが多い。
そうした観点からもこのビブリオバトルはよく考えられている、と思う。
本書のなかでよくでてくる「人を通して本を知る。本を通して人を知る」はなかなかいいと思う。
今後、教育現場や公共図書館、人が集まるイベントなどでもこの活動がひろまっていくだろう。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1314-3991e98f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー