ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

冬の花火
今夜は三島の友人のアパートメントに泊めていただくことになる。
いろんな料理をつつきながら、どうしても思いは過去へと飛んでいかざるをえない。

若いころのいろんな想い出は、貴重な財産だといまになってわかるのである。
ヒトという種は群れをグループをつくって生きるように進化してきたようだ。
だからこそ、若いときには一人旅などにこだわってしまうのだろうか。
独りにならなければ、仲間の家族のよさはわかりえないのかもしれない。
近縁のサルなどもオスはひとり群れを離れて生きるものがいることが知られている。

いつかは散りゆくこの身なれども、という思いがあるからだろうか。
花火は見る人びとを魅了し、ひとときの陶酔にいざなう。
おおきくドカンと炸裂する音に首をすくめながらも目は花火を追っているのだ。
夜空に咲く花火と、青春の日々を二重写しにすることになんのためらいも感じはしない。
はらはらと舞い落ちる火の粉を遠くにながめながら忘却の彼岸を思うのだ。

N3823冬の花火

N3827冬の花火

ふと花火のさまざまな色に驚くのである。
色とはなにか。
もしこの世界が色に満ちていなかったらなどと妄想するのである。

N3836冬の花火

N3847富士の花火

花火の終わった喧噪の後が好きだといったらどうだ。
倦怠感につつまれることの意味は夢幻である。

というようなところで、今年の冬花火の印象は終えよう(笑)。

8092箱根神社
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1321-f2728fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー