ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

青春回顧
若いころに、そこそこ仲のいい男女でこんな会話をしたことがなかったろうか。
それは、男のほうから冗談めかしていうこんなことばから始まった。

「だれにも嫁にもらってもらえなかったら、そのときは俺がもらってやるよ」
(なに言ってんのよ、いい男ぶって)

「そうね、そのときはお願いね」
(むむっ、こいつこんなことがしらっと言える奴だったのか)

「まかしとけって、まあ俺がそのときまで結婚してなかったらの限定だけどな」
(それはこっちだって同じよ、あんたみたいな気難しいのだれも相手にしてくれないわ)

「そんなこと言わないでよ、いつまでもひとりでいてね」
(えっ、もしかしてこいつ俺に気があるのかな)

「そうだなあ、しかたがないなあ、まあ考えておいてやるよ」
(うわぁ、その気になってるわ、男ってほんと単純ね)

「ありがとう。ところで○○くんて、かっこいいわよね」
(なんだ、ほかに好きなやつがいるのかよ)

「そうかなあ、なんだか女にだらしがない気がするけど…」
(絶対けなすと思ってたわ、器ちっちゃいなあ)

「そんなことないよ、とてもやさしいいし」
(男はね、下心があって女にやさしくしてるんだよ、あったりめえじゃないか)

「やさしさか、俺にはない気質だな」
(そう、あんたにはこれっぽっちもないね。まったく鈍感なんだから)

「わたしだってね、やさしさだけが男の値打ちって思ってないわよ」
(ということは、やはり経済力っていうことか)

「そりゃそうさ、やはり男は男らしくなくっちゃ、な」
(なにいってんの、唐変木のくせして)

「もっと大切なものがあるんじゃないの、男としての頼りがいとか、ね」
(やっぱりな、そうだよな、あ~万事休す)

N3404帆船

やはり男は単純で、女は将来を見据えてる(つねに次善策を用意している)。
生物学的にいっても、男って女のできそこないだからしょうがないのかな。
というようなご経験、ありませんでしたか?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1331-70eca79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー