ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

服と本
いまは本を買うこともあまりなくなって、もっぱら図書館を利用させていただいている。
まあ、この状態にはだいぶ慣れてきたので、別にどうということはないのだが。
書店に立ち寄ることもめっきり少なくなり、逆にときおり訪れるとなにかじんわりと感動をおぼえる。
これ以上というほど本があるわけではないが、増やすことについてはある理由からできない。
うちのかみさんはしばしば「あぁ~、着る服がないわ」と口癖のようにのたまうのである。
「買うたらええやん、その分処分すればクロゼットがいっぱいになることもないしね」と、つい。
「それなら、自分だって本を買うなら、いまある本を処分しなさいよ」と反論をくらってしまう。
これはこれで理屈としてはまちがっていないので、言いかえすことができないでいる。
しかし内心では、洋服と書籍を同列で論じることの是非はいかがなものか、とつい思ってしまうのだ。

N3980雪明り

「ウーマンウォッチング」デズモンド・モリス 常盤新平訳 小学館 ★★★★
デズモンド・モリスが女性を動物学、生理学、ときに文化人類学的に考察してその謎に迫っている。
章立てをみれば、彼の本気度がよくご理解いただけるのではないか。
一章の進化からはじまって、頭髪、額、耳、目、鼻、頬、唇、口、首、肩、腕、手、乳房、ウエスト、
腰、腹部、背中、恥毛、性器、尻、脚、そして最後は足で終わる。
好きな部位からでも、興味のある部分からでも読んでいけるところがいい。
たとえば、耳垢についてはこう書かれている。
『進化がこの問題に与えた回答は、耳毛で大型の昆虫を中に入れないことと、耳垢でより小さな生物を
撃退することである。オレンジ色の耳垢には苦みがあって、昆虫を寄せつけない。
耳垢は四〇〇〇個にのぼる微細な耳道腺から分泌される。
この腺は腋の下や陰部で強い匂いのある汗を分泌するアポクリン腺の変種である。』
なるほど、耳掃除もほどほどにしないといけませんね。唇の項目ではこういうのがあります。
『オーラル・セックスは、今知られているように、「頽廃的な」西欧社会で近年に発明されたものでは
なく、何千年にもわたって多くの文化で性行為の主要な役割を担ってきた。
つまり、それは母親の乳房に対する乳児の口の快感に深く関わっている。
若い女性が恋人のペニスにキスをするとき、その口の動きは、
母親に口移しされた乳児のときに享受した口の動きをまざまざと思い起こさせる。
乳児のときに口の接触によって受けた印象は、大人になっても何らかの形で残りつづけるのである。』
なるほどフロイト的だね(笑)。興味をおぼえるようであれば、是非ご自身で一読ください。

「噂の女」 奥田英朗 新潮社 ★★★
北島雄一は工業機器を扱う地方都市の小さな商事会社に勤めていた。
会社の人間が中古車を買ったら、その日のうちに電気系統がだめになったので、同僚たちとクレームを。
そこで訪れたディーラーで事務員をしていた中学のクラスメート糸井美幸に出会った。
ここまでが中古車販売店の女であり、この糸井美幸が主人公となりつぎつぎと変転してゆくのである。
麻雀荘の女から料理教室の女、マンションの女、パチンコの女、柳ケ瀬の女、和服の女へとすすむ。
さらに檀家の女、内偵の女、スカイツリーの女へと彼女を知る人物の視点で物語は続いてゆくのである。
こういった物語構成は奥田氏の得意とするところだし、ストーリーに広がりがでてくる。
彼女と関係した男性がつぎつぎと死に、すべて風呂場で溺死という共通点がうかびあがってくる。
後半はミステリを読んでいるような盛り上がりがあり、どうなるかという興味をいだかせる。
彼女は悪女というより、こんな世のなかではこういう生き方もあるのだとなんとなく納得してしまう。
しかしながら、女はその母性ゆえにしたたかに生きることができるのだろうか。

「高慢と偏見、そして殺人」 P・D・ジェイムズ 羽田詩津子訳 早川書房 ★★★
題名からは当然ながらジェーン・オースティンの「高慢と偏見」が下敷きととしてあると予想される。
しかしながら、その書名は知っていながら読んではいない小生としてはどうしたものかとは思う。
イギリスで貴族として生きるとはどういう生活をすることなのか知らなくてはならない。
でなければ、それが当然の常識としてすすむ物語の進行についていけないのである。
『大佐は自分の貧しさについて嘆いていたので、エリザベスはその貧困は伯爵の次男にどういう不利益
をもたらすのか、と冗談半分にたずねた。大佐は次男だと「好きな相手と結婚できない」と答えたのだ
った。そのとたんエリザベスはその言葉は警告の意味を持つのかもしれないと推測し、その疑惑に屈辱
を覚え、それを隠すために当たり障りのない会話に方向転換した。しかし、そのできごとの記憶は当た
り障りがないどころか、深く心に刻まれた。』
ここを読んでいて、これがなにを意味しているのかピンとこなければこのミステリはわからない。
ということでオースティンの「高慢と偏見」を読んでみなければ、話にならないことだけは分かった。
ミステリといえどP・D・ジェイムズあたりになるとなかなか難しいのである(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1333-9eb5f98a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー