ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

春は島へ
春になると、いたるところで桜の話題があふれるようになる。
若いころには花見だといっては、酒をのんで騒いで酔っぱらっていた気がする。
いま思いかえしてみれば、満開の桜の木の下にいたから、という気がしないでもない。
夜桜ならば、なにか妖気ただよう不思議な空間にもなるようだ。
昼と夜、陽と陰、明と暗、表と裏、などというように思いがながれていくのである。

8137醍醐桜

桜の樹も一本なのと、森をなすのでは雰囲気もずいぶんとちがう。
青い空のもと、かすかな匂いをはなちながら咲きほこっている。
そして雨がふったり、風がふいたりしてゆらゆらと散っていくのである。
咲いてやがて散るのか、と勝手に感慨ぶかくなったりもする。

8161島宿三虎

N4111桜さく

ひさしぶりに大勢で島をあるいた。
ウグイスがどこまでもついてくるように鳴いていた。
道はおぼえているようでも、どうもこころもとない。
まちがったってどうということはない、と思えば気が楽である。
すこし雨がふったり(やはり、そうなるか)、でもおおむね晴れていた。
二時間半ばかりも歩いただろうか。
やはり都会とはちがう。
どうしてだろうと思ったが、聞こえてくる音がちがうのだった。

N4116島を歩く

おじさんが好きだった佐柳島をながめる。
またお墓参りに来よう。

N4107佐柳島を望む
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1337-7158d5f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー