ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

はるかなる夏の日 最終夜
「わたしって、魅力ないのかな、女としての」
「うーん、あるんじゃないの」
「あるんじゃないのって、つめたい言いかたね」
「いやあ、けっこうもててるみたいに聞いてるけど」
「好きでもない男に惚れられてもねえ…」
「そんなもったいないことを」
「じゃあなに、ムッシュはどんな女性でもいいっていうの」
「そういうことじゃなくて、男の生物学的側面はそういうだろう、と」
「どういうことなの?」
「哺乳類のオスとメスでは戦略がちがうってことやがな。
オスは、できるだけ多くのメスと交わってよりたくさんの子孫を残そうとする。
メスは、いちどに生むこどもの数が限られているからできるだけいいオスを選ぼうとする」
「だから、人間もおなじように行動するのが正しいっていいたいわけ?」
「いやあ正しいとかじゃなくて、ヒトもおなじ動物なんだからそういう面もあるかな、って」
「なんだか男にとって都合のいい理屈よねえ」
「都合がいいって、どうしていえるのかな。
男だからって全部が全部そういう戦略をとるってことではないと思うけど。
かならず、落ちこぼれるというかその枠からはみだすのはいるからね」
「じゃあ、ムッシュはどうなのよ」
「いやあ、おれは平凡で平均的なヒトだから…」
「って、浮気をするってことよね。いやらしい」
「いやいや、だから、そういうふうに男はできているんだって。
それに、そういうことって男だけではできないよね。
かならずそれに応じる女がいるってことだから、どっちもどっちでは」
「なんか変な言い訳じみてる」
「そういうことを自覚しながら、まあ正しく生きるというかなんというか…」
「でも、そんなオスに魅力を感じるってことはあるかもしれないわね。
だから、妻子がある男なのについひかれて不倫とかになっちゃうのかな」
「だろう」
「調子に乗るんじゃないの、都合よく考えてばっかり。
どうして男ってそうなんだろう。ムッシュはそんな男じゃないと信じてたのにねえ」
「どうしてなんだろうな、正直おれにもわからん。
だって生理的な欲求というか、本能的なというか、そんな感じなんだから」
「それは男だけにあるものだと思ってたら、大バカ野郎だわね」
「えっ、そうなのか」
「あたりまえじゃないの。女にだって生物学的戦略が当然あるでしょう」
「それはそうだな」

男と女がいて、いろんな恋愛なり愛憎があるとしても、それは男女同数になるはずである。
三角関係とかいろいろあるにしても、どちらか一方だけが圧倒的におおいということにはならない。
だが世間はいつも男の浮気を問題にすることがおおかった。
女は受け身だからなどと言い訳されたが、はたしてそうなのだろうか。

まじまじとマイコの瞳をみつめた。
かすかに瞳孔がせばまっているように思えた。

「女の戦略って?」
「女はね、いちど妊娠したらもうあとには戻れないのよ」
「それはそうだ」
「男みたいにつぎつぎっていうわけにはいかないの」
「おれはそんなことしないけど」
「避妊すればいいだろうとか、そんなこと思ってないわよね。
それとも、不倫も考えるだけなら問題ないだろうって思っているわけ。
もしかして、それは不可抗力だとかっていいたいの」
「まあ、なんというか、そんなこともあるかも…」
「だから、女はそれを逆手にとるしかないじゃない」
「どう逆手にとるんや」
「これでもすこしは動物行動学をかじっているのよ。
そもそもメスのほうがオスより主導権をにぎっていることがおおいの。
なのに人間の男はそうは思っていないから滑稽よね。
だから、ほんとうは女が男を選んでいるんだけど、男が選んでいるって思わせるの。
そう男が思っているほうが、コントロールしやすいのよねね。
女は可愛げがなくてはいけないって、たいていの男が考えているから」
「ふーん」
「女はなにがなんでも子どもを育てなきゃいけないんだから…。
でも、あたしってそんなこと無理かもしれない…」
「そんなことないよ、マイコならきっといい人がみつかるって」
「あ~、その気休め発言傷つくわ」
「えっ、そうかなあ、本気で言ってるんだけど」
「本気ねえ、そうかも、ムッシュならありえるわね」

話しながら堂々巡りをしているような気分がした。
どこがっていうのはわからないのだが、なんだか居心地がわるい。

「ムッシュって、人生のなかでけりをつけたことってある?」
「どんなことに?」
「なんでもいいのよ、ものごとに、ないでしょ?」
「ないような気がする」
「それをバカな女はやさしさという」
「なにそれ」
「ムッシュはやさしいな、むかつくくらいやさしい」
「それってどういう意味なんや」
「女は度胸、男は愛嬌かなあ。そういうパラドクスもありかなと思ったりして…」
と、とってつけたような笑顔になった。

そろそろ眠くなってきた、とマイコがいうので店をあとにした。
駅からミキコに電話して電車に乗った。
マイコは着くまでずっと窓から都会のあかりをながめていた。

改札をでたらミキコが迎えにきてくれていた。
「ムッシュ、おつかれさま」
「おう、マイコをよろしく頼むわ、無理言ってごめんな、お姉さんによろしく」
「わかってるって、じゃあね」
ミキコと歩きだすかと思ったら、急にふりかえって
「ムッシュごちそうさま、ありがとう…」
「うん、おやすみ」

プラットホームで電車をまっていると、なんだか涙がにじんできた。
なんだろうな、なにが哀しいんだろう。
ばかなやつめ、泣くから悲しくなるんだろ、って。
頼りなさそうなのはマイコじゃないぞ。
おまえなんだぞ、と思って泣けてきたのだろうか。
なんだか情けなくてしかたがなかった。
それでも人は生きていくって。

ふと、人はなんのために生きているんだろうと思った。
人はだれかのために生きているのだろうか。
だれかはなんのために生きているのだろうか。
だれかのために生きるって、なにかのために生きるってどういうことなんだ。
考えまいとしても考えがめぐってくる。
すべてはまたわたしという存在、あるいは幻想にもどってくるのだった。

その夜以来、マイコと会うことはなかった。

日没風景

【これはフィクションであり、実在の人物と似ているところがあっても無関係です(笑)。】

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1366-196e0978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー