ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

もの忘れの効用
10月いっぱいで夏の軽装月間は終わりをつげた。今週からは11月だ。ということで、仕事にいく
のにネクタイをすることになった。だからネクタイを結ぶ動作分だけ朝のルーティンが変わってしま
っている。

今朝もおなじように支度してでかけたつもりだった。駅についてベンチに腰かけて、さて本でも読も
うかと思ったらカバンのなかに本がなかった。あれっ、昨夜寝る前に本を読んだはずだ。朝のルーテ
ィンが変わってしまっていたので入れ忘れに気づかなかったのだ。しかたがないな、と思いつつ足も
とに目をおとしていた。おやっ、前をすぎる人の靴にブーツがおおくなっている。ふと見あげれば、
木立ちも紅葉しかけているではないか。そういえば、朝晩はめっきり寒くなってもう晩秋の気配であ
る。すこし前までは暑い暑いと言っていたのに、ひさしぶりにまわりの景色をゆっくりと見た。

電車に乗ってからも読む本がないのですることがない。昨晩の高島俊男さんの本のことを思いだす。
現代の中国は「中華人民共和国」のこと。しかし古くは中国とは世界の中心にある国という意味だ。
地理的な意味だけではなくすべてのことにおいてである。ということは、中国以外の国はすべて辺境
の国ということになる。もちろん、日本などは…。なんてことが書いてあったなと。昨今の中国の対
外姿勢をみていると、そういう意識がいまもあるだろうか。ああ、はやく続きが読みたいと思いつつ
しばらく考えていた。

いつになく車内をながめてみると、人びとの服装に季節がうつりゆくのが感じられる。たまには本を
読まないことも必要なのかな、とも思ったりした今朝の通勤どきであった。

8688栗

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1375-e3c88593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー