ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

宮古島紀行 中篇
さらに北上して池間大橋をへて池間島へ。中国か台湾、それとも韓国からだろうかツアー客がたくさ
ん橋のまわりにいた。みなさん楽しげである。そうだ、この地は東京、大阪よりもはるかに台湾のほ
うが近いのだ。そう気がつくとあたりまえの光景にみえてくる。

N5423池間島大橋

沖縄のいろんな島では塩づくりがさかんである。塩化ナトリウムの味になれた人びとにはその味が魅
力的でもある。ミネラルを豊富に含んだ海水からつくられる塩は観光客に人気である。雪見塩と名づ
けられていた。塩アイスクリームというのを食べてみる。なかなかの美味である。塩味が甘さをひき
たてるというのだろうか。

N5430雪塩製塩所

しばらく海をながめている。海の色も微妙にだがすこしづつちがっているように感じられる。

N5473エメラルドブルーの海

早めにホテルへもどり、ちかくの食堂兼居酒屋「キッチンみほりん」へ。店内はすっきりと清潔で、
料理もおいしいし、なかなか感じがいい。ネットでみかけた「紅芋のてんぷら」を注文したが、あい
にく入荷がないということだった。残念だがしかたがないとあきらめ食事をしていたが、なんと少し
しかないですがと、サービスでだしていただいた。こういうことがあると、旅がさらに楽しくなるし、
宮古島の印象にも好影響与えるだろう。大阪でも食べたことがある「海ぶどう」を注文してみた。な
んと、おどろくほどの量が盛られていて、うまさとともに感激するのである。まあ、かるく三倍以上
の量はあったから、献立表の値段だけではわからないものである。夜は更けていくのだが、これでは
泡盛がすすむしかないでしょう(笑)。(写真撮り忘れました)

N5512ホテル・ブリーズ・ベイマリーナ

ホテルの部屋にもどってまたひとしきり飲んだ。なんだか時間がゆっくりとすぎてゆくような、そん
な錯覚につつまれてしまっているようだった。

N5456ハイビスカス

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1389-21fee49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー