ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ラベンダーマン
いつものように乗換駅で向かい側のホームの始発電車に乗った。
車内の乗客はまばらである。
座って本を読んでいると、まもなく発車ベルが鳴りだした。
駆けこんできた人が隣に座った。
ちらりと視界にはいったのは、うすいラベンダー色のコート。
ふちどりに白いボアがついているようだった。
そのときは女性かなと思ったが、気にすることもなくそのまま本を読んでいた。

ページを繰るとき、それにつれて左側に視線が動く。
そのとき、コートの下にある脚がみえた。
素足だった。
白く短いストッキングもみえた。
えっと一瞬思ったが隣をみる勇気はなかった。

主要駅に着いておおくの乗客が降りていった。
他の席があいたようで、隣の人物は斜め向うへと移動した。
それでもそちらを見ることははばかられた。

次の降車駅で出口扉にむかうとき、何気ないようにあちらをみた。
座っていたのは四十代ぐらいの気難しそうな顔の男だ。
うす汚れたラベンダー色のコートと、はだけた前からみえる素足が印象的だった。

前にも似たようなことがあったかもしれない。
「ラベンダー」と「エキセントリック」が同じカテゴリーになった。

N5534手水舎の龍

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1391-d7685ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー