ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ハレツアー九州 人生行きつ戻りつ篇
地元であるということで車の先導はO君にまかせる。
しかし、なぜか道路わきにある道の駅を素通りするではないか。
と思ったら、Uターンして早朝の道の駅に立ち寄り。
こんなユニークな建物がありました。
開店前ながらお願いしてスタンプも押せました。

N5696道の駅小国ゆう・ステーション

高千穂峡へ向かう途中のこのあたりときおり阿蘇山の噴煙がみえる。
じゃあ、阿蘇の大観峰に立ち寄るのだろうと思っていたらなんと通過するではないか。
いやいや、メンバーになかには行っていない人もいるということでUターン。
阿蘇は活火山だということがよくわかりました。

N5698阿蘇の噴煙

N5704大観峰

そこからも、一路高千穂目指しているはずだが、時折Uターンなどあり。
先頭を交代することになったのだが、なぜ通過したのか。
実はO君、スマホをナビ代わりに使っていたのだが電波が受信できない場所ではアウト。
やはり車のナビゲーションシステムが必要なのではないか(こちらは衛星だからね)。
ということがあったり、道の駅を避けている(?)のは意図的なんだろうかとか。
それぞれの車中では論議沸騰したことのようである。

さて高千穂峡の道の駅に無事到着いたしました。
ここでY先生とはお別れです。またお会いしましょう、お元気で。

N5719高千穂峡

大混雑の高千穂峡、ボートは二時間待ちとのことで断念する。
何十年ぶりかで再訪したのだが、以前の記憶はすっかりなくしておりました。
しかしなうての観光地、外国からのお客さんんも多かったです。
天岩戸神社にも立ち寄りソフトクリームも食べ、いざ高速道路を別府めざして北上。

N5729天岩戸

いい天気だったし、汗もかいたので夕食前に温泉へ。
O君ご推薦の駅近くの温泉「不老泉」(市民用?)へ。
なんと入浴料は100円、でありますから石鹸等は持参ということでした。
まあ、一般の銭湯と考えればわかりやすいのでしょうか。
風呂場にはいって、すこし違和感を感じた。
それは、みなさん湯船のわきに座って体や頭を洗っている。
もちろん湯船のお湯をすくってかけている。
そういう人もいるのかと思っていたが、なぜか蛇口は水が出るものだけしかなかった。
湯船の湯で頭も身体も流す、というのが別府流なのだそうだ(あとからレクチャーいただいた)。
しかし100円で別府の温泉につかれるのだから、市民はしあわせである。

N5743不老泉

今夜は「チョロ松」で宴会というか、夕食をいただく。
いまやちょっとした有名店ということで、ほぼ満席でありました(予約してました)。

N5748チョロ松

すこし座敷がせまかったのではあるが、そこは気にしないわれらである。
向かいからながめれば、メジロのようにならんでさえずっているのである。
まさしく目白押し状態なのでありました。
飲んで笑って、食べて笑って、しゃべって笑っての夕食でありました。

夜の街をゆらゆらと歩いてO氏宅にもどって、またも飲み会の夜は更けてゆく。
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1398-827cc6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー