ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ハレツアー九州 石仏で惜別篇
朝になって昨夜雨が降っていたことを知る。
雨女、雨男の参加で、マイナスとマイナスはプラスになった。
ということをご報告いたします(笑)。

朝からO君が腕をふるっての朝食をいただく。
やはり大分県まできたらここでしょう、ということで出発とあいなる。
若いころに駅から歩いて行った記憶がかすかに残っている。
何十年ぶりかの臼杵石仏へ、すっかり観光地化していたが、あたりまえのこと。
立派ななんというのか覆いというか建物ができていた。
信仰というものを考えさせられるのである。
人と宗教、むかし読んだバートランド・ラッセルの本のことなどうかんでくる。
人に宗教は必要なのか。必要でないとしたら、なぜいま宗教があるのか。
それとは関係なく、なんとはなしに荘厳な気分も感じるのである。
ときに謙虚になることも必要、ということなのだろうか。
これらの石仏を彫った人たちの思いというのはなんなのだろうかとしばし考える。

N5757臼杵石仏

N5780臼杵

空は蒼く、ほんとうにいい天気だ。

N5778臼杵石仏

N5777臼杵石仏

別府へもどって「とり天」を食べよう、ということで昼食になる。
前にも来たことがあるのだが、午後一時をまわっているのに多くの人がつぎつぎに来る。
なかなかの人気店であることが知れる。
すっかり満腹になって、別れの時間が迫ってきた。

わたしはよくは知らないが、カトレアさんというところへ行く。
女性たちが中心になってなにやら醤油を購入していた(有名らしい)。
かなりご高齢の店主(?)の方などに見送られて恐縮する。
なにやらおみやげらしきものもいただいた模様である。
こういうことがあると、旅とは人との出会いだという言葉をおもいだす。

N5785フジヨシ醤油

今回の旅でわかったのだが、なにかひとつエピソードがあると一時間は話が続く。
ああでもない、いやこうじゃないか、いやいやこういうことじゃないの、などなど。
広い視野(?)からの意見がきけて、いや~勉強になりますわ。
というようなことも気心が知れているからである。
なかなかそのような交友関係をきくことはない、と思いいたるのだった。
すばらしき友をもてた人生のめぐりあわせに感謝しなければいけないなと、思うのだ。

O君はもちろんのこと、今回もいっぱいお世話になりました。
やっぱりいいな真鍋のともだちは、といまさらながらに実感する。

みなさんできうるかぎりお元気で、またいつかどこかで会いましょう。

N5635じゃあ元気で
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1399-3505fb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー