ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

紀伊半島道の駅紀行 前篇
このところ出かける理由はこんなことがよくある。

「どこか道の駅でも行ってみる?」
「いいんじゃない、行こうよ」
「ちょうどキャンペーン価格の宿があるし」
「なんだか地球はわれらを中心にしてまわるが如し、だな」
「では、いざ計画をば立てん」

N5845道の駅あやま

ということでプランを練りに練って、宿泊地は志摩と串本に決定する。
さて、いくつ訪問できるでしょうか。
もちろん、それに附随して観光もしようという算段である。

しかし、こうしていろんな道の駅を訪れているとふと思う。
「道の駅」っていったいどういうものなんだ。
ということで、ちょっと調べてみた。

道の駅は平成5年4月に登録がはじまって最初は103箇所でスタートしたという。
平成25年7月現在では、1004箇所まで増えている。
いまもいろんなところで計画、建設中である。
ただ、だれでもが作れるかというとそうではない。
市町村またはそれに代わりうる公的な団体でないと設置はできない。
そして市町村長から国土交通省に申請して登録されるという流れになる。
こうしてやっと「道の駅」の呼称とあのマークが使用できるということだ。

N5856道の駅美杉

もちろん設置基準というか登録の要件はある。
24時間利用可能な駐車場・トイレ、情報提供施設、地域振興施設を備えていること。
この終日駐車場・トイレが利用できる施設のメリットはおおきい。
だから、道の駅をオートキャンプ場として利用する車の旅が最近ふえてきているとか。

N5851御杖村の「つえみちゃん」

「道の駅」から「未知の駅」をさがして「満ちの益」になれば、てなもんだ。

N5862道の駅茶倉駅

本日、おとずれた道の駅は以下のとおり。
道の駅 あやま(三重県伊賀市)
道の駅 いが(三重県伊賀市柘植町)
道の駅 伊勢本街道御杖(奈良県宇陀郡御杖村)
道の駅 美杉(三重県津市美杉町)
道の駅 茶倉駅(三重県松阪市飯南町)
道の駅 飯高駅(三重県松阪市飯高町)
道の駅 奥伊勢おおだい(三重県多気郡大台町)
道の駅 奥伊勢木つつ木館(三重県度会郡大紀町)

N5859杉木立
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1403-5a8f9567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー