ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

倉敷から美星へ
なごり惜しいですが、またこの景色に会いにきましょうか。

N6525福原浜

N6563島宿三虎

島を離れるのは高速船、あっというまに笠岡に着く。
昼食は山のなかにある「アダージョ」というレストラン。
おいしかったし、おなかいっぱいになってしまった。

N6569アダージョ

倉敷の友人宅にはすでに先客あり。
ちかくの温浴施設で汗をながし、さて宴会ですか。
先週にひきつづき、ウヰスキーをのみます。
なんだかんだとなにをしゃべったのか憶えてないですね。
まあ、憶えていなきゃならないことなどないですから。

でもね、脈略なく思いだすこともあるんですね。
若いころ飯塚でいった焼き鳥屋。
「大三元コース」なるメニューがありました。
なにこれってきくと。
ハクにハツ、それからチュンだからすずめです、とのこと。
それから遠賀川の河原で宴会しました。
肉屋で軟骨のから揚げなんか買って、ビールや焼酎でね。
資金はパチンコで勝ったやつがおごることに。
なんだかいまかんがえるとのどかな青春時代(?)でした。

明けて日曜日、さて帰りますか。
という段になって、昨夜食した「ポポー」の実っているところを見たい。
じゃあ、いきましょうかということでわが家だけ美星町へ。

なるほどね、こういう状態でなっているんですね。
ついでといってはなんですが新米もゆずっていただきました。
玄米30kg、ずしりと秋を感じます。

N6574ポポーの実

旅するって、いろんな人にお世話になること。
若いころはあまり意識していませんでしたが、つくづくそう実感しております。
二泊三日もあっというまに過ぎ、みなさんたいへんお世話になりました。
これからも、いましばらくよろしくお願いいたします。
そんな気持ちで帰途につくのでありました。

N6578美星町
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1449-5cbeadb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー