ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

熱海冬花火紀行 その三
二泊三日なんて、あっというまだよねえ。
もうお別れかあ、なんだか名残惜しいな。
でも、来月新年会があるんですけど(笑)。
そうでした、またいっぱい笑えるネタを拾っておきましょうか。
元気でねえ、と帰路につくのであった。
その前にはもちろん、「来たときよりも美しく」を忘れず清掃実行。
(こういうところに若いときから旅した経験が生きるのだ)

すんなり帰っては身も蓋もない(?)。
細い山道(でも国道)をくねくねとやってきたところはこんなところ。
大井川鉄道の千頭駅の横にある「道の駅」奥大井音戯の郷。
なんだか感じのいい喫茶室があった。
ひと休みとばかりにコーヒーを飲む。
キリマンジャロの渋みがいいですねえ。
窓の外には紅葉がひろがっている。

N6774道の駅音戯の郷

「あれっ、あそこにあるのは機関車トーマスじゃないか」
「どれどれ、ほんとだ」
「こんなところにいるのね」
(正しくは、これは「トーマス」じゃなくて仲間の「ヒロ」だそうです)
(トーマスくんはあいにく出張中でした)

N6777機関車ヒロ

なぜかはしらねど、旅気分になりますねえ。

N6785大井川鉄道千頭駅

N6804池に映る紅葉

暮れどきの真っ赤な夕陽をながめながら、もの思う。
「旅は道連れ、世は情け」
なんとなく口をついてでてくる。
いろんな人と出会ったなあ。
懐かしいような、まぶしいような思い出もある。
いろんな方々に助けてもいただいた。
人の数だけ人生があるのだ、ということも実感としてわかってきた。
すべてふくめて世は情けに満ちている、と思う今日この頃である。

N6796ジョウビタキ

スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1468-aeb5f392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー