ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

忘年会にて
ひさしぶりの顔もあれば、そうでない人もいる。
声をかけたら、十九名があつまった。
梅田の地下のとある店でのこと。

はじまる前にひと騒動あり。

会費徴収しま~す。
最長老がひとこと、あれっ財布がない。
落としたのか、家に忘れてきたのか。
免許証やクレジットカードははいっていなかったのか。
手持ちのかばんの中、上着のポケットなどなど、探索は続く。
しかし、出てはこないのだ。

事後の対応のため、家に電話するやら、てんやわんやである。
しかたがない、打てる手は打った。
と空気が平穏にもどろうとするころ。

ふとテーブルの下に、なにやら財布らしきものあり。
あれじゃないの。
そうこれだ。
よかったね。
で、一件落着。
まさに灯台下暗し、でありました。

これが、ひとりであったなら、どれだけ悲嘆にくれただろう。
そう考えると、友というのはありがたい。

これもひとつの笑い話になる。
明日はわが身、ということもあるからね。

しかし、皆よく笑った。
しゃべる相手がいるという楽しさ。
笑い声を聞いているだけでも気分が高揚してくる。
なんとなく気持ちがつうじている、という気がするから不思議だ。
若いころから知っている、という気安さか。

人は未来に不安を感じることがある。
一寸先は闇だと思ってしまうのだ。
知らないということが、怖れにつながってしまう。
だが人生には先輩がいるではないか。
その背中をしっかりとみつめていこう。
(ちと、頼りないと感じるときもあるが)

それができる幸せをかみしめる師走のことでありました。

N6815総持寺の屋根瓦

スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1470-d18869c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー