ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

津和野・出雲紀行 前編
あれは学園紛争がまだあったころだったから、もうかれこれ四十年以上も前のこと。
大学の春休みに山陰を旅した。
旅といえば、ひとりで行くものであった。
(そういう時代だったのかもしれない)
ほとんど当時の光景など思いだせない。
津和野も山上からながめた景色を思いだすぐらいだ。
どうしてかというと、スケッチをしたからなのだ。
眼下にひろがる津和野の町を流れる川とそれを縫うように列車が走っていた。
その画集もどこかに消えてしまった。

N7020津和野

当時から、津和野といえば小京都だった。
出身で有名な方といえば、安野光雅なんだが…。
あの絵好きだったんだがなあ(と過去形で書いてしまう)。

さて、ときは今。
大寒波襲来だが予約をしてあるし出かけようということになった。
残雪のなかを津和野へと向けてひた走る。

宿に着いてひと段落、ゆっくりと温泉につかる。
からだの芯からじーんと温まる。
至福のときである。
やはり冬の温泉はいい。

N7012わた屋

N7017わた屋玄関

料理もおいしい(炊事当番をまぬがれたかみさんは上機嫌だ)。
番頭さん(マネージャーさんかな)が特別に歌ってくれた(要望しました)。
素朴な節回しの津和野の音頭(?)が低くひびくのであった。
お酒もうまいしねえ、つい飲みすぎる。
あとはゆっくりと眠るのみである。

N7014殿様座卓

起きて、ひさしぶりに朝湯につかった。
あまり好きではないのだが、たまにはいいか。
窓の外に十字架がみえる。
そうだ津和野にも隠れキリシタンの話があったのを思いだした。

N7021教会の十字架

掘割の鯉も見ないし、津和野城址や稲荷神社にものぼらなかった。
だがなぜか満足したのである。
旅とはそういうものかもしれない。

だが、道の駅ははずせない(笑)。

N7002道の駅うり坊の郷

N7009道の駅津和野温泉なごみの里

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1480-2a64b582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー