ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

夜汽車で読書
いまではもうそんな列車は運行されていないかもしれない。わたしが若かったころにはこれに乗って
よく旅立った。もちろん寝台列車などに乗る余裕はなかった。それでも向かい合わせの四人掛けの座
席をひとりでつかえたりした。乗ってしまえばすることなどない。本でも読むか、酒を飲むか、眠る
か。窓枠にウヰスキーの小瓶をおく。附属しているちいさなプラスチックの容器に注ぐ。ぐいっと一
口にのむ。しばらくは喉を熱く染める液体を感じている。ああ、旅にでたんだ。車窓をながれていく
夜景がにじんでいる。ヒトはなんのために生きるのか。それを言っちゃあ、おしめえよ。かもしれな
いなあと可笑しくなった。それからひとしきり本を読んでいると、いつしかわたしのこころは列車の
なかからいなくなった。暗い夜空を飛行しているのだった。眼下にひろがる街の灯かりが明滅を繰り
返している。哀しいような気持ちになったとき、目が覚めた。目尻には涙がにじんでいた。

N7173夜景

「ミレニアム2 火と戯れる女」 上 下 スティーグ・ラーソン
               ヘレンハルメ美穂・山田美明訳 早川書房 ★★★★

前作「ドラゴン・タトゥーの女」で、雑誌「ミレニアム」の発行責任者のミカエル・ブルムクヴィス
トは一連の事件をリスベット・サランデルの活躍で窮地から脱して解決した。その後サランデルは一
方的にミカエルとの関係を断ち外国へと旅立ってしまった。「ミレニアム」で仕事に没頭していたミ
カエルのもとにフリージャナリストのダグ・スヴェンソンが女性の人身売買と強制売春な関するルポ
ルタージュの話をもちかけてきた。彼はパートナーのミアと協力して、買春を働いた男たちを実名で
告発し、人身売買組織の実態に迫ろうとしていた。「ミレニアム」はこの話を受け、特集号と書籍出
版に向けて動きだした。だが、ダグとミアは自宅でなにものかによって殺されてしまう。現場に落ち
ていた拳銃にはリスベットの指紋が残されていた。リスベットは帰ってきているのか。警察は彼女を
重要参考人として指名手配した。警察は彼女が犯人だろうと考えていたが、彼女を知る人たちに話を
聞くたびに資料に書かれている像と実物はまったくといっていいほどちがう印象なのだ。この第二部
の主人公はリスベット・サランデルといっていい。少女かと思われるほどな未発達な身体でありなが
ら、頭脳明晰で映像記憶能力を備えた天才ハッカーである。しかしながら中学校中退、一人で生活す
る能力なしと判定され後見人がついている。なぜだろうか。その鍵は彼女の過去にある。エキセント
リックな魅力に読者は引きこまれていく。事件究明のなかででてくる「ザラ」とはだれのことなのか。
それとも…。そして衝撃的なのは、本編後半においてリスベットは三発の銃弾を受け殺されてしまう
ということだ。はたして事件の解決はミカエルがおこなうのか。はたまた解決されるのか。このあた
りは読んでいただくしかしかたがない。しかし、スウェーデン社会というのはいままで考えていたよ
うなものではなかった。ドイツやバルト三国とちかい地理的関係もあり、複雑な様相をみせてもいる
ようだ。高福祉国家の優等生ではけっしてないのかなあ。それを映すミステリってすごいといまさら
ながらに思うのである。ヘニング・マンケルがいうようにミステリがノーベル文学賞っていうのも、
べつにいいんではないでしょうか。そのくらいレベルの高いミステリってありますよね。

「青い雨傘」 丸谷才一 文藝春秋 ★★★
丸谷さんの随筆を読んでいると、ゼミのクラスで雑談を聴いているようなそんな気分になる。もちろ
ん師事した先生であるから傾聴するのだが、疑義を呈することを歓迎する雰囲気がある。厳しい面も
あるが、頑固ではないという感じか。もう亡くなって四年が経つのだなあと残念だ。今回も音楽のこ
と、ちょっと興味がわきました。もちろんクラシックなんですが。指揮者カルロス・クライバーのこ
と。完璧主義者クライバーの説明をウィルナー教授に聞きましょう。
『クライバーはいつも作曲家についての文献を読みつくすことから始め、探し出せるだけのレコード
を聴き、他の指揮者が同じスコアをどのように解釈したかを調べます。それから、どの版を使うか決
め、演奏者のパートを個々にマークするんです。すべての音符をチェックし、音の出だしを確認し、
弦楽器のボウイングを書きこむんです。(中略)リハーサルの準備にこれだけ時間も何もかも捧げて
没頭する指揮者は彼の他にはいないでしょう。そしてクライバーはリハーサルが始まると、いつも最
初から演奏会が終了するまで同じオーケストラのメンバーで過ごすことを主張します。』
そして自分の要求が通らないとき、あっさり帰ってしまう。それでも人気は絶大だという。日本にも
そんな職人がいそうな気がしますが(いまは、もういないか)。彼よりある意味有名なバーンスタイ
ンが絶賛し、カラヤンはクライバーのことを正真正銘の天才だと言う。
さて、もうひとつスコッチ・ウィスキーの飲み方について。
『氷を入れてはいけない。スコットランドでは、ウィスキーに氷を入れることは、女房を殴ることよ
りももつと野蛮な行為とされてゐる由。
 コニャックと同じように室温で飲め。
 水はかまはない。スコットランド人は、ウィスキーと水を半々にすることを「たつぷりと水を入れ
る」と称する。』
まだまだいろいろと知らないことがおおいようです。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1486-28bc30d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー