ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

無意識だから
よく無意識にしていたことだから、などと言い訳する。
これって免罪符として使っているのかなあ、という印象をうける。
ときに、苦しいときの神頼みならぬオールマイティーな説明用語のようだ。

意識には表面意識と無意識がある。
あるいは顕在意識と潜在意識といういいかたもあって、使われ方はいろいろである。
さらにユングが提唱した集合的無意識なんていう概念もあって、むずかしい。

無意識と聞いてすぐ思いうかべるのは、自律神経だ。
自己コントロールできないとされている心臓とか内臓の機能調節をうけもつ。
自律神経と対比をなすのが体性神経で、運動機能などはこれによる。

だが、無意識は自己コントロール外にあるのだろうか。

N7094運転席

でよく考えるのが夢のことである。
夢のなかでの経験はなんだろうかということ。
意識して夢をみることはできないという。
はたして、そうなのだろうか。
わたし自身の経験からいえば、夢の続きを見ることができた。
目覚めて夢を見ていたのだと知り、すぐにまた眠りについてそこで夢の続きを見たのだ。
そのとき夢の続きを見てやろうと意識したことは記憶している。
(その夢の内容は覚えていないのだが)
これって意識してということになる、のかな。
これら一連がひとつの夢であったという可能性は否定できないのだが。

しかし、意識しているあるいは無意識にであっても行為の主体は自分である。
選挙違反ではないが、無意識についても連帯責任が適用されるだろう。
よく考えると、この無意識だというのはいつも自己申告なのだ。
客観的な数値なり判定ではない。
せいぜい状況証拠的なものをあげるしかない。

証明不能な言い訳ではないか、とさえ思う。
故意であったのかそうではなかったのか、というのに限りなく似ている。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1488-70fdba76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー