ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

続・早春の阿波、讃岐をいく
目覚めると、そこは異国の地(阿波の国)であった。
春めいて暖かい空気を感じる。

まずは「道の駅 第九の里」なるところに行く。
日本で最初に第九(ヴェートーベンの)が演奏されたのが鳴門だそうだ。
いい天気である。

桜がもう咲いている。
地元のラジオ放送で知ったが、早咲きの「蜂須賀桜」というのだそうだ。
(ここは阿波の国、蜂須賀家の領内)
桜花の蜜を求めてメジロがたくさんやってくる。
甘いものが好きなんだよなあ。
なんだかあたたかい気分になる。
地球上に生きるものたちの不思議なんだよなあ。
いつまでもながめていたいがそうもいかない。

N7288桜にメジロ

N7277道の駅第九の里

ついでやってきたのは、美馬市脇町の街並み。
「うだつがあがる」とか「うだつがあがらない」という「うだつ」の町。
これが「うだつ」、隣家との防火壁の役割をはたしている。
財力の誇示でもありました。
金がない輩は「うだつ」があげられない、ということです。

N7305うだつ

藍問屋で栄えたという。
偶然に花嫁さんにも遭遇しました。
これからの人生なにがあるかわかりません。
どんなことであれ楽しいと感じられるような暮らしでありますように。

N7317花嫁さん

N7314生け花

春めくなかのドライブ、車では暑いくらい。
自然を満喫しつつ、最後には人工物で今日は終了。

これがでかいと感じるか、ちっちゃいと思うかは、なにによるのか。
自己認識でしょうね。
ヒトならでかいと感じるし、神ならたぶんちっぽけなものよと。
相対的なものなんですね。
相対性は相性と似ていますね、字面が。
だからかな、相性なんて相対的なものということになります(笑)。

N7334瀬戸大橋の橋脚

N7337瀬戸大橋

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1490-66d641b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー