ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

点と線
松本清張を思いだすかも知れないがそうではない。
ユークリッドの原論にでてくる幾何学用語のことだ。
その定義とは以下のようなものだ。

1.点は部分をもたないものである。
2.線とは幅のない長さである。
3.線の端は点である。
4.直線とはその上にある点について一様な線である。
5.面は長さと幅のみをもつものである。

分かるような分からないような微妙な感がのこる。
点は部分を持たないって、つまり面積はゼロということ、か。
面積がゼロで、位置がある。
線も同様に面積ゼロで、長さのみがある。
うーむ。
座標上のことなら納得できるような気がする。
そうか、数学的なことのみに限定して考えればいいのだな。
つまり数学用語としての定義なわけだ。

ちがうか?!

(笑)

N7528アセビ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1496-2ea3b56d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー