ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

考える日々
Facebookに「いけだあきこ」の名を見た。
この「いけだあきこ」さんではない池田晶子のことを思った。
彼女は二〇〇七年の二月に腎臓癌のため四六歳で亡くなった。

女性の哲学者であり、考えたことをずばりという歯に衣着せない女性だった。
だれかをちょっと思いうかべる。

「考える日々」(毎日新聞社刊)に書かれていたことを再読する。

『道徳と倫理との違いとは、単純明快、強制と自由との違いである。
「してはいけないからしない」、これは道徳であり、「したくないからしない」、これが倫理である。
ここには、天地の相違がある。「教育」が不可能だと、私が言うゆえんである。
道徳は、外的規範によって強制できるが、倫理は、内的自由によって欲求されるしかないからである。』

倫理条項とは、倫理観のない方のおっしゃることのようです。

『子供を失くして我が身の不幸を嘆いている母親に、死人を出したことのない家を探しておいで、
そしたらお前を救ってあげる、とお釈迦様は言った。
村中の家を尋ねたけれども、そんな家は一軒もなかった。母親は自分の誤りに気がついた。』

死はだれにも平等にやってくる。ヒトの死亡率は一〇〇パーセントである。

『なぜ生は善であり、死は悪なのか。
この問いは、しかし、誰か他人に考えてもらっても、なんら答えにはならない。
各人が各人で納得するまで考えるしか、しようがない。』

逆説的だが、死は生きているうちに考えるしかない。

『最近よく聞く「癒し」というのも、不可解である。
「人とつながりたい」欲望とは、いかなる欲望なのだろうか。
何か根本的な勘違いがある。たんなる甘えか逃避としか思えない。
癒されなければならないほど、深く思い詰めたことがあるとは、とても思えないのである。
なぜなら、とことん思い詰めたことがあるのなら、
癒しなど、どこか外に求められるものではないと、知るはずだからである。』

ちょっと言い方がきついと思うが、まあ真実である。

N7741チューリップ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1503-df40ffa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー