ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

台北来雷紀行 其の壱
旅というのは思いついたときなど突然に決まることもおおい。
今回のツアーも新年会の場でだった。
同行もどういう成り行きかはしらねどそれなりに収斂する。
いつのまにか十四名という大所帯になってしまった。
ツアコン役のS氏のご心労ははかりしれないと思うのだ。
(まことにいろいろとお世話になりました。謝謝)
どんな発見、出会いの旅になるのだろうか。

なにはともあれ関西空港からチャイナエアラインで飛び立つ。
さて最初に気づいたのが、機内の食事についていたこれ。
プラスチック製だが、なかなか便利でおもしろいフォルムだ。
爪楊枝と歯間ブラシの合体品というところ。
(アマゾンで売ってましたが…)

N8061つまようじ

わたしはこれで三回目の台湾になる。
しかしちっとも地理など憶えていないから困ったものだ。
若いころから名所旧跡などにあまり興味をいだけなかった。
知らない町をぶらぶら歩いたり、海を眺めているだけでよかった。
だから、ずっとひとりで旅をしていたんだろう。

N7933猫看板

N7943台湾ビール

天候によって旅先の印象がおおきく左右される。
着陸前のアナウンスでは台北は晴れとのことだった。
しかしホテルへ向かう途中から雨がふりだした。
ときおり稲光ととともに雷鳴もきこえてきた。
やっぱり、というまわりの雰囲気になった。

これでも出発前には毎日台北の天候をチェックしていたのだ。
旅行期間中は、ほぼ雨予報だった。
しかし、天候というのは移り気なものである。
雨が降ったのはこのときとあといちどくらいのもの。
それも、ほとんど移動中のみというタイミングのよさ。

N7930果実

神通力を失ったのか。
否、もとよりそんな力はありません。
雨男というのは偶然の産物です、たぶん(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1514-ef27a0b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー