ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

旅のおわり
旅の記憶というのは不思議なもので、唐突によみがってきたりする。
忘れていたのではなかったのだ、というようなことも多々ある。
思い違いというのも散々経験してきた。
なぜ思い違いだとわかったのか。
日記というほどのものではないがメモが残っていたりする。
記憶とメモ、どちらが信用できるのか。
そうなんだよな、記憶ってあまりあてにはならないな。
世のなかの争いで記憶を根拠にしているものは、ほぼ疑ってかかるのがいい。
もちろん、意識的であろうが無意識であろうが、記憶は書き換えられる。
おまけに嘘も三度言えば、真実(事実)になるともいう。

それはさておき、頼りにならない記憶をたどってこれを書いている(笑)。
だから、ある意味書かれている出来事はフィクションである。
あるいは妄想の産物といってもそう的外れではない。
ただ、しばしば事実が混じるのが面倒なのだ。

そんななか思いだすのはなんだろうか。
寒い朝にでかけて、手に息を吹きかけながら暖をとった。
列車の窓が内外の温度差のためか、雪の結晶のように白く輝いていた。
聞こえてくるのはレールが線路とこすれてたてる音ばかりだ。
ふうーと吐いた息が白い煙のように一瞬あたりに立ちこめる。
すこしづつ暖房がきいてきてホッとする。
真冬の列車での旅だった。

季節はすぎて、車窓の景色は一変する。
水はぬるみ蓮華の花が田を埋めつくすなかを列車は走る。
ところどころ黒い土のままのところもある。
暖かな風とともに旅すればこころも軽やかになる。
人はなぜ生きるのだろうかと考えることもある。
潮風に乗って飛ぶ海鳥たちの姿がまばゆい。
自由の意味も知らないで旅する春は気楽だった。

旅慣れてくるにしたがって荷物はちいさくなる。
その日の夜に洗濯すれば着替えも必要ない。
もくもくとたちのぼる積乱雲のもと、屹立する針葉樹の森をぬけた。
林道をたどって足元をみつめながら歩くのは嫌いではない。
地面にはちいさな花が咲いているし、蟻たちが石ころを乗り越えていた。
俺はいったいなにをやっているのだろうか。
だれもいない湖では、青緑のさざなみがたっていた。

いつのまにか風はさわやかになっている。
いろんなところで植物には実がなる季節に変化していた。
花から実へと、つまり個体発生は系統発生を繰り返すということなのか。
どこからともなくいいにおいがしてきて食欲をくすぐる。
もうそんな時間になっていたのだ。
暮れてゆく空をながめていると、いろんな記憶がにじんでくる。
あったかくて薫り高いお茶がのみたいなあ、という匂いの記憶なのだった。

過ぎ去ったことは、すべて懐かしいということでもない。
旅の記憶も楽しいことばかりではない。
喧嘩別れのようなことも多々ある。
あとからあのときこうしていたら、と悔やむこともあった。
しかし、時はとまることなくすぎさっていった。
それでも旅していろんな自然、町、人と出会えてよかった。

だけどやはり思う、「サヨナラダケガ人生ダ」なのだ。

N8305女性

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1543-f6c7f78f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー