ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ことばの裏側
多くの人は、ことばは意味を伝えるものだと思っている。
では、ことばにはかならず意味があるのか。
あるでしょう、とおっしゃる。
(無意味も意味のうちと言えなくもない)
その意味ってことばひとつに、ひとつですか。
うーん、そうでもないかな、と思うでしょ。

まったく正反対のことを意味する場合がある。
たとえば、
「けっこうです」
必要ないです、いりませんという場合。
いいですね、グッドという場合。
書くとおなじだが、話すとまったく逆もある。
(文脈、場によって変化する)

書き言葉と話し言葉はおなじだと考えてはいけない。
というより、なぜおなじだと思えるのか。
よくよく考えると不思議だな。
そんな疑問もたいていの人にはピンとこないらしい。

視覚言語と音声言語との対応は恣意的なものだ。
「(現実の)猫」が「ネコ(という発音)」である必然性はない。

N8388消防信号

ことばはコミュニケーションの手段だ、という。
話しているとき、ことばだけでコミュニケーションをとっているのか。
そうではない。
身振り手振り、イントネーション、表情などいろいろつかっている。
眼を閉じると、全然感覚がちがっているのがわかる。

恋人同士がだまって見つめあっているとき。
おばあさんが縁側でネコをなでているとき。
こどもがイヌといっしょに走り回っているとき。

なにが起こっているのだろうか。
コミュニケーションは成立していないのだろうか。
そんなとき、ことばってなんだろうなと考えるのだ。

「そんなこと考えてなんになるの」
「なんにもなりませんが、それがなにか(笑)」
(なんでもなにかのため、っていう思考がどうよ、と思うのであります)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1559-0b8e814a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー