ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

冬の真鍋島へ
ときどきはお墓参りぐらいしないといけないな。
考えてみれば、ずいぶんとお世話になったしご心配もおかけしたことだろう。

いまでも、あのおばさんの笑顔を思いうかべることができる。
おじさんの声も聞こえてくる。
「よう来たな」
はるばると海を越えてやってまいりましたよ(笑)。

N8689墓参

なにがしたいというのではない。
なにを観たいというのでもない。
だれかに会いたいのかと問われれば、そんな気にもなる。
ただあの頃、かぎりなくいろんな人にこの島で出会ったのだ。

もうはるか昔のことだ。

N8692本浦港

いまもつきあいのある友もいれば、そうではない方もいる。
それはそれでいい。
すべての人とつきあうことはできない。
それが人生だというものだとわかっている。
だけど、もしどこかで出遭ったなら笑顔でいたい。
いろいろあったんだろうな、とおたがいに慮るんだろうな。

なつかしいかな、過ぎ去りしとき。
この世界のすべては光り輝いて存在している。
などと錯覚していたのかもしれない。
記憶は、すべてをきれいにコーティングしてくれたりするものだから。

でも、まあいいではないか。
夕餉には島の友人も加わってにぎやかに食べてのんで島時間はすぎていく。

N8718サントラ

スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント
いい話し
古き良き時代の記憶は、いつまでも忘れないもの!
でも、悲しいかな昔の人情味が薄れつつある!
でも、いまだに墓参りする姿は
心が暖たまりますね!
だから、好きなのかも!
【2017/01/05 21:59】 URL | 峯口光則 #- [ 編集]

Re: いい話し
いまでもときどき思いだしますよ。
なにせお世話になっていますから(笑)
また、飲みましょう。
お元気でいてください。
【2017/01/05 23:09】 URL | ムッシュ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1583-f9211dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー