ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

談話室で読書
ロビーの横にこじんまりとした談話室があった。まだ夕暮れまでには時間があったので、ソファに座
って遠くの山並みをながめていた。藍色がつづく景色には時間もゆっくりとすすんでいく感覚になっ
てしまうのだ。そんなとき、旅先で出会った人のことを思いだしたりする。あいつ、いまごろなにし
ているのかなあ。江戸っ子まるだしのしゃべり方が気質をあらわしていた。初対面では、おれのこと
を「なんだこいつは」と思っていたらしい。だがしばらく話しているうちに気心がしれてきたという。
見かけほどには悪いやつじゃあないな、と。もっとうすっぺらな男かと思ってたが、それも見当ちが
いだったぜ、と後に話してくれた。おれって、そんなに悪い男に見えたのかと訊いた。いやあ、そう
いうことじゃなく、女にだらしなさそうに見えたんだと頭をかいた。おれが笑っていると、そういう
なよとなんども弁解した。あいつも男だったらよかったのに。まっすぐに一筋に生きてるんだろうな。

N9519窓から望む

「ハルマヘラ・メモリー」 池辺良 中央公論社 ★★★★
俳優で有名な池辺良さんだが、立教大学英文科を卒業されている。昭和十年代の大卒者といえば人口
にしめる割合は数パーセントであろう。だから当然予備士官学校へと入学る。卒業して中国の山東省
にある衛生隊・輜重隊の予備士官として配属される。そこからフィリピン戦線へと。
『僕は、天皇陛下に忠誠を誓い、学習した戦闘技術と肉体を提供して、国から月給を貰う契約をした
本職の軍人じゃない。
 予備士官学校の在校中、最低三〇人の長として責任が全う出来る程度には勉強もし、軍人としての
使命感を持ったつもりだ。軍隊の組織や規定や作戦の方法論は、目くじらを立てて学んだこともなけ
れば、教えられてもいない。』
そんな池部さんはどんなふうに戦争を体験したのか。さて書名のハルマヘラとは島の名前である。イ
ンドネシアのスラウェシ(セレベス)島とパプアニューギニアにはさまれた位置にあるモルッカ(マ
ルク)諸島のなかの島である。このモルッカ諸島は別名香料諸島ともよばれ、香辛料の中でも貴重な
丁子(クローブ)とナツメグの原産地である。この香辛料を求めてポルトガルとスペイン、さらには
イギリスとオランダが進出してきた土地である。太平洋戦争における戦地でもある。日本の軍隊では
映画でもよく描かれるようにイジメは常態である。そんな一面を池辺氏はユーモラスに描く。昨今の
学校でのイジメ問題と軍隊・体育会のイジメは無関係ではないと思う。体質といえばすこしちがう気
もするが、そうのようなものがあると思われる。人はイジメをするものなのだ、と思う。性悪説かと
いわれればそうだという。しかしイジメは悪か。イジメにレベルはないのか。イジメは親告罪なのか。
さてイジメの定義とはなにか。なぜイジメをしようとする気持ちがめばえるのか。イジメられたから
イジメるんだ。虐待された子は虐待するようになるに似ているのか。いろいろと考えることがあるが
されはさておこう。輸送船中でアメリカの潜水艦による魚型水雷の攻撃を受ける。その後の記憶は鮮
明ではないと思うが運よく駆潜艇に救助された。そのときの描写は実感にあふれている。
『若布の束みたいな姿だ。身体に締まりがなく甲板に引き上げられた。
 誰が、何人掛かりで俺を引き上げてくれているんだろう、有り難う。そんな思いは頭になかった。
 やれやれ、助かった。生命だけは拾ったぜ。そんな思いも浮かんで来ない。まして、部下の兵のこ
とは、この瞬間には、まるで脳裏に存在していなかった。』
この本は1997年の出版で、池辺良氏79歳の時の文章である。2001年の文庫版あとがきでは、
この「ハルマヘラメモリー」は僕の経験に基づいていますが、フィクションだと理解して戴きたいと
書かれている。あえてメモリと書名にしているからノンフィクションではないですよと。記憶は変形
しやすいものでもある。それもよくご存知であるようだ。しかしすぐれた観察力・洞察力がなくては
こうは書けないと思いますよ。是非ご一読いただきたい。戦争のある面がよくわかる。

「脳はなにげに不公平 パテカルトの万能薬」 池谷裕二 朝日新聞出版 ★★★★
池谷(いけがや)氏の本はどれも懇切丁寧で授業風景が見えるようだ。文章も平易である。やたらわ
かっているのか知ったかぶりなのかというような単語を使わない。まさに謙虚な御仁だとの印象であ
る。これまでにも何冊か読んだが、なるほどと頷くことがおおかった。ちょっとしたことに注意をむ
けさせてくれる。これが案外できるようでできない。ただこの書名にある「なにげに」がなんとなく
気になる(笑)。池谷氏は若いというなんだろうな。週刊朝日の連載をまとめたものだという。気に
なるコラムはこんなところだ。
 不平等な世界のほうが安定する
 マネをすると好感度があがる
 自分の話をすることは快感
 人の心を動かす“言葉”とは
 女性の勝負色は「赤」
 ウソは目でバレる
 見つめているから好きになる…
 「嘘をつく能力」は脳の標準仕様
 寝不足は太る
 「無」の存在は脳は感じる
 白い音、白い匂いとは?
 「自由」は行動してみてわかる
人は嘘をつく。だからこそちいさい頃から「嘘をついてはいけない」と教えこまれた。だが、それで
も嘘はつく。ときに「嘘も方便」などと自己弁護しながら。「嘘をつくな」といってもほとんど効果
はない。しかし、「嘘つきにならないで」と言われると効くのだ。人は不思議である。
『この効果は、教育現場はもちろん、社内研修やスポーツ講習など、多くの場面で応用が利きそうで
す。「犯罪なんてしないで」より「犯罪者にならないで」。「裏切らないで」より「裏切り者になら
ないで」。「怠けないで」より「怠け者にならないで」。「無駄をしないで」より「浪費家にならな
いで」。「いつも笑って」より「にこやかな人になって」。「私の状況を理解して」より「私のよい
理解者になって」。「泣かないで」より「泣き虫にならないで」。こんな具合に具体例がいくらでも
思い浮かびます。』
人の視線って気になりますよね。これって気のせいとかと思う。いやいやあるでしょうとおっしゃる
方もいる。詩にもしばしば登場します。ヒトは見つめる動物なんだと思います。
『私たちの視線を読む能力は驚異的です。5メートル離れた人が、自分を見ているか、自分から10セ
ンチ右隣の物体を眺めているかを区別できます。この二つの視線の違いは、白目と黒目の位置比でい
えば、ほんのわずかな差です。コンピュータに、この微妙な視線の違いを画像識別させることは困難
です。しかし、私たちの脳はたやすく区別します。』
ヒトの能力ってすごいものです。続きもあります。
『ところで、視線は見られるだけでなく、視線を送る側の心理にも影響を与えます。カリフォルニア
工科大学の下條信輔博士らがこれを証明しています。写真に写った2人から好みのほうを選んでもら
うという実験です。選択中の視線の動きをモニターすると、決断する前に、すでに好きなほうをより
長く眺めていることがわかりました。はじめは均等に視線を送っていても、徐々に見つめる時間に偏
りができて、長く見ている写真を「好きだ」と選ぶわけです。
 そこで下條博士らは、わざと一方の写真を長く見せるように視線の動きを強制的に操作し、好みが
どう変化するかを調べました。すると、たしかに長く見せられた写真を「好きだ」と選ぶ人が多いこ
とがわかりました。
 見るから好きなのか、好きだから見るのか――人の心は複雑です。』
これって自由意思の問題と関係していますね。「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ」
というジェームズ=ランゲ説を思いだします。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1669-53a6b900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー