ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

孤独とひきこもり
似て非なるものだな。
どちらも独りきり感ありますけど。

孤独は諦観にさいなまれている。
よくわからないんですけど。

孤独は人の宿命だけどこころは納得していない。
それで繋がりたいとかわけわかんないこと言うんですかね。

笑ってはいけない。
笑ってませんよ。

孤独はふたりでいるときのほうが感じないか。
逆説的ですね。

ひとりならなんとかなるが、ふたりだともう絶望するしかない。
北原白秋の「他ト我」ですか。

あの詩を読むとそんな気がする。
なんか神経症を患っていませんか。

患っているのは世間のほうだろ。
シニカルですね。

N9716実る

ひきこもりはどうなんだろう。
経験ないですから見当もつきません。

わたしもよくわからないんだ。
寂しいとかじゃないですよね。

そうだね、
ムンクの「叫び」を連想するよ。

ことばとしてなら、宮沢賢治の「無声慟哭」ですね。
声にならない慟哭って、意味的に矛盾してるけどとてもよくわかる。

天岩戸が開き光あふれる的なことがあればいいですね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/1680-90ea9595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー