ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

台湾春雨紀行⑤
次に着いたところが「忠烈祠」。
日本の靖国神社というところ、戦死した兵士が眠っています。

20070324115835.jpg

20070324120010.jpg

ここの儀仗兵は空軍の兵士が担当していました。
(陸軍、海軍、空軍が交代で、制服の色で見分けられます)
ヘルメットがなんだかボールのように見えてしかたありません。

20070324115902.jpg

20070324115934.jpg

20070324120051.jpg

さて、街のど真ん中のお寺「行天宮」にやってきました。
相変わらず、多くの人でごったがえしております。
台湾の人々は信仰心が篤いのでしょう。

20070324120118.jpg

20070324120151.jpg

お供えが山のようになっておりました。
ここで洗ってからお供えするのだそうです。
台湾ではお供え物は、後で自分で持って帰るのが決まり。
さあて、これはなんなんでしょうか。

20070324120216.jpg

20070324121857.jpg

20070324120243.jpg

この人たちはボランティアの女性です。
年配の方が多いですね。
ある意味ここが社交場をなしているのかもしれません。

20070324120310.jpg

スモック(?)の色が各寺ごとにちがっています。
さきほどの寺は、たしか黒でありました。

市内ツアーの最後は、小籠包の有名店「鼎泰豐」。
店の外には台湾の人もたくさん順番を待っています。

1953.jpg

20070324122312.jpg

さて、味はいかなるものか。
ほんとうのところ、慌ただしくてよく分からなかったのです。

20070324122417.jpg

20070324122346.jpg

最後に「國立故宮博物院」、ここは撮影禁止。
有名な翡翠で作られた「白菜」、確かに見ました。
以外にちいさいものでした。
スポンサーサイト

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/343-34dfaa9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー