ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

読書景色
本を読みながらなにかをぶつぶつとお経のように呟いている。
そんなことを、だれかに以前言われたことがあった。
本人はまったくそんな意識がないのだから、ずいぶんと驚いたものだ。
これも癖というようなものの範疇にはいるのだろうか。
無意識のなせる業とはいえ、やはりその人に備わっているのである。
しばらくはなぜか気になって読書に集中できなかった。
だが、それで迷惑をかけないならそれを矯正することはない、と断じた。
いまでも、そんなふうに読んでいるのだろうか、すこしは気になる。

「死の開幕」 ジェフリー・ディーヴァー 講談社文庫 ★★★
「ボーン・コレクター」で一躍有になった作家、今回は初期の作品。
若くてちょっと無鉄砲、しかし憎めない制作会社アシスタントのルーン。
それにからんでくるのがNY市警爆発物処理班の刑事サム・ヒーリー。
ポルノ女優のドキュメンタリーを撮ろうとして行動しているうちに、
その女優は何者かに殺されてしまう。
それも時限装置につながれたプラスチック爆弾によってである。
最後にあっと驚く展開見せるのではあるが…。
職業に貴賎はないといっても、ポルノ女優に世間の風は冷たい。

「お伽草子・新釈諸国噺」 太宰治 岩波文庫 ★★★
昔話のパロディと、井原西鶴の太宰流翻案小説とでもいえるだろうか。
「五大国民童話」として定着していった、
「桃太郎」「猿蟹合戦」「花咲爺」「カチカチ山」「舌切雀」を題材にとってある。
パロディはもちろん誰もが知らないと成立しない。
しゃれたひとひねりを加えられなければ、ただのまがい物になってしまう。
若い頃に読んだ、「女生徒」や「斜陽」にくらべてどうもいまいちだ。
それとも、ぼくの感じ方が変化してきているのだろうか。

「悪夢のサイクル」 内橋克人 文藝春秋 ★★★★
規制緩和とは、だれのためになされたものだったのか。
考えるに、規制がなされるにはそれなりの理由があったはずである。
だから、十羽一絡げに規制緩和というのもおかしなものである。
というようなことは、だれでも分かっていると思っていた。
しかしそうではなく、そこを利用とする輩がいつの時代にもいるのである。
あるいは、その目的のために耳障りのいいスローガンをかかげる。
まあ、コマーシャルと同じでいいことしか言わないのである。
薬にしても、薬効があれば副作用もあるように。
ネオリベラリズム(唯金主義とでも言おうか)が崩せない国もあるのだ。
『マネー資本主義と唯一違う文化圏があります。それがイスラム諸国です。』
そう知れば、米国がなぜ中東を眼の敵にするのかが分かる(?)。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/368-1a157b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー