ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

読ッキング
読書しているとき、突然なにかが判然と理解できたと思う瞬間がある。
どうにも意味が不分明であったものが、なあんだそうかと分かるのである。
いま現在読んでいる本とは無関係に思えることに、ついて起こる。
神経繊維のなかを、一瞬インパルスが駆け抜けたかのようだ。
脳のなかでは、それこそ並列処理がおこなわれているのだろうか。
となると、多重人格というのもなにか分かるような(?)気がするのである。

「サルとすし職人」 フランス・ドゥ・ヴァール 原書房 ★★★
サルとすし職人の間に共通するものは、あるいは決定的にちがうものはあるのか。
日本にもやってきた氏が、敬意をこめてこの題をつけたとか…。
『フランスのある女性政治家は、権力をお菓子にたとえた。
大好きだけど、食べるのは自分のためにならないというわけだ』
人生にはこのような二律背反が多く存在している。
『スコットランド出身の哲学者で、経済学の父でもあるアダム・スミスは、
共感から得られるものはただひとつ、他人の幸福を見る喜びだと言った』
動物もみていると、人間に共感しているのではと思われます。
飼われている犬だって主人が辛そうな顔をしてると、哀しげに鳴きます。
『動物の文化について知ることが、私たちの自己認識にどう影響するのか。
動物の文化を認めたとき、それが最終的にどんな形で人間の文化の問題になるのか』
このあたり、キリスト教文化圏と仏教文化圏では考えがちがうようです。
人間の尊厳と、ボノボ(ピグミーチンパンジー)の尊厳は両立するのであろうか。
そして、豚や牛や羊、はたまたマウスやショウジョウバエの尊厳や如何。

「月下の狙撃者」 ウイリアム・K・クルーガー 文春文庫 ★★★
シークレット・サービスの特別捜査官ボー・トーセン。
片や、暗殺者デイヴィッド・ソロモン・モーゼズ(ナイトメア)。
この二人が、大統領夫人ケイト・ディクソンの暗殺をめぐって対決する。
ふたりとも貧しく、悲惨な少年時代をすごして成長してきた。
そのバックグラウンドが、お互いを認める心情の底に流れているのか。
その過程で、NOMan(国家活動管理局)とよばれる組織がうかびあがってくる。
この機関はいったいなにをするものなのだろうか。
とストーリーは展開してゆくのだが、人を信じるとは言うは易し、行なうは難し。
そして、合衆国大統領ともなるとそのプレッシャーは計りしれない。
追う者と追われる者の息をもつかせぬ戦いのなかにもロマンス(?)は生まれる。
またアメリカってそういう社会構造になっているのか、と知れるのである。

「虫魚の交わり」 奥本大三郎・荒俣宏 平凡社 ★★★
荒俣氏は、こんなことを言うのである。
『イエバエの群れの中にキンバエが混じってくると、
どこかに死者が出るという俗信がありますよね。
昔、満州(中国東北部)あたりの野戦病院で、
キンバエがたかりだした負傷者は死ぬって話が話があったんですよ。』
しかし、最近の死体は食品添加物の防腐剤が効いてて腐らないという。
キンバエにとってはとんだ災難(?)ということになるだろうか。
奥本氏は目のつけどころがなんとも言えずいいです。
『スコットランドというのは信州みたいなとこ…』
そういえばそんな気がする(行ったことないですが…)。
イングランドとちがって、きっとのどかで田舎なんでしょうね。
ということは、虫もたくさんいるのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/20 21:11】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/448-bf32b273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー